野口さん曰く、

“「魅力的」なようで、なにか「滑稽」であったり、ちょっと「哀しみ」のような物を感じる事もある。入り交じった複雑な感情がぼくは好きなんです。 ”


練馬区立美術館で行われている『野口哲哉展 ー野口哲哉の武者分類図鑑』

作家の作品の合間に挟まる、明治時代以前の他の絵師によって描かれた大和絵や、過去の合戦に使われたであろう甲冑。


野口さんの作品と、とても馴染むので、現在と過去。空想と実在をいったりきたり。

幼い頃から純粋に「魅力的」と思っていたものを、
鮮明と思い出させてもらえるような作品に置ける緻密さや、佇まいの良さ。

「自分が見てみたいモノがあれば、作ってしまえば良い。」

と語る野口さんの制作を楽しんでいる笑顔が印象的でした。

子供や大人。遊びと真剣をないまぜにした雰囲気が展示のそこかしこにちりばめられた会場の雰囲気は、美術の展覧というよりは、博覧会のような感じ。

とても不思議で楽しい空間を作り出しています。


そんな作品を作る野口さんにお時間をいただき、展示を拝見しながらお話を伺ってきました。

野口哲哉

1980年 香川県高松市生まれ
2007年 「ゴミがアートになる!超高品質なホコリ展」(旧中工場アートプロジェクト)広島、 「現代アーティストによる LE MONDE DE COCO ーココの世界 」シャネルネクサスホール 東京 TCAF2007出品
2008年 アートフェア東京2008出品「The House展 -現代アートの住み心地」東京、「NETWORK JAPAN PROJECT」INTERALIA、ソウル、 個展 TCAF2009/ギャラリー玉英ブース 東京
2009年 日本美術体感ツアー「城と人形を訪ねて」テレビ出演(NHK BShi)、『医学と芸術展』森美術館、六本木
2010年 アートフェア東京2010出品(ギャラリー玉英ブース)、「BASARA展」スパイラルガーデン 青山、「YOUNG JAPANESE POSITIONS」Michael Schultz Gallery Seoul 韓国 ソウル、「甲冑の昔と今」ギャラリー真玄堂、東京
2011年 個展「ポジティブ・コンタクト 野口哲哉」松坂屋名古屋本店、 アートフェア東京2011出品(ギャラリー玉英ブース)個展 ギャラリー玉英 東京、
2012年 アートフェア東京2012出品(ギャラリー玉英ブース) グループ展「Fantasy and Absurd Reality of JAPANESE  Contemporary Art」Edwin’s Gallery (ジャカルタ、インドネシア)、グループ展「GALLERY GYOKUEI for Ginza International Week」

「がっこうの勉強よりもおもしろい!」

noguchi_03

取材当日は、地元の小学生達が社会見学で観覧にきていて大にぎわい。

「上手いな!きみ。作家の才能がある!」と見に来ていた小学生の模写スケッチを見て声をかける野口さん。

「いやー、あまりに上手かったのでおもわず嫉妬してしまいました。」

その後、野口さんは小学生に取り囲まれあえなくサイン攻めに。

「がっこうの勉強よりも、おもしろい!」と、本当に子供達は良い顔。

大人と子供の境目もあえて感じさせない優しい雰囲気をお持ちの方です。

楽しさに格調を与えるためには、まじめにやらなければいけない

noguchi_04

ーー 今回の展示では本当にたくさんの作品が揃っていますね。

野口 はい。箱(練馬区立美術館)の大きさもあって、たくさん展示させていただいてます。何も知らない人がみたら、この作家はもう亡くなっているんではないか。というくらいの作品数になってしまいました(笑)

ーー多くの作品がありますが、こういう形の作品を作ろうと思ったきっかけはなんでしょう。

野口 そうですね。2004年に描いた自画像でしょうか。

これが、わりと転機になった作品で。最初は、半分悪ふざけみたいな感じで描き始めて、どこからが本気でどこからがウソかわからないような気持ちで描いたんですけれども。

この作品の製作中のようにリラックスして、伸び伸びと描くのが、自分が一番楽しみながら描けるのではないかとおもったのがきっかけですね。

cialis diarrhea

ーー確かに楽しさがにじみだしてくるような作品ですね。

野口 そうですね。
ただ、私は前提として楽しい事をするには、真面目にやらなければいけないっていうのがあるとおもうんですよね。
does generic viagra work ふざけたりはしゃいだりっていうのが行き過ぎちゃうと、かえって楽しさの格調が崩れてしまうというか。
そんな事を考えながら作っていますね。

ーーなるほど、楽しめるだけの心構えや修練が大事ってことですね。

入り交じった複雑な感情が好き

ーーサムライを作品のテーマにしているのは何故でしょうか?

real cialis online pharmacy 野口 甲冑を着ていると「お侍」や「戦国武将」というカテゴリの人間になるんでしょうけど、ただここ数百年で生態としての人間の性質は変わってない気がするんですよね。
なので、あまり「戦国武将」と私達の間に垣根を作りたくないというか。

noguchi_10

ーーなるほど。ただ現代の戦国時代をテーマにした読み物なんかを読むと、「サムライ」がものすごく神格化されているものが多いですよね。

buy viagra online 野口 それも一つの手段だとは思うんですけど、そういう風にしてしまうと別世界の超人を見ているような感じで、あまり実感が持てないところがありますね。

ただ、着ている「鎧」っていうのはどの時代、どの世界にあっても普遍的に適応できる創造性っていうのを持っていると思うんですよ。

ですから、自分にとっては、「エビ」とか「カニ」を見ている感覚と同じなんですよ。
それは、「古代生物」や「深海生物」のような。

ーー人間の進化の過程を見ている感じですかね。

野口 そうですね。
当然戦う為に着るものですから、人間の外骨格であるものだとおもうんですね。
cialisgeneric-toped ただ、それを着た人間は、人間というよりは違う生き物としてみえるようなことがありますので。
人間味をのこしつつ、エビになっていくような。

それが、「魅力的」なようで、なにか「滑稽」であったり、ちょっと「哀しみ」のような物を感じる事もある。入り交じった複雑な感情がぼくは好きなんです。

似ている物をあげるとすれば、例えば、(展示の中の写真を指差して)これは、僕の友人が集めてくれた資料で、古今東西の潜水服を集めた物なんですが、「かっこいい」とは言えないような非常に不思議な形になっていますね。ガンダムに出てくる「ズゴック※1」のような。

ーー確かに!!なんでこんな色形になってしまったんだろうという。

野口 おそらく、この潜水服開発だって莫大なコストと時間がかかっているはずですし、潜るのに要るものしかついてないはずなんです。なのに、「エビ」「カニ」のような形になってしまうという。
ただ、僕はものすごく魅力的なデザインだと思います。

脚注
※1 ズゴック アニメ『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』『機動戦士ガンダムUC』に登場する架空の兵器。

野口さんのサイン本とサインフィギュアをプレゼントします。

なんと、今回インタビューをさせて頂いた野口哲哉さんにサインを入れて頂いた本と、今回の展示でしか手に入らないメタルフィギュアをプレゼント!!

応募方法は、以下を読んでくださいね。

cialis medication

直筆サイン入りの作品集〜野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」〜を一名様にプレゼント!

pre01

野口さんの初期作品から最新作まで約90点を収載した〜野口哲哉ノ作品集 「侍達ノ居ル処。」〜を一名様にプレゼントさせて頂きます。

作家が一つ一つ彩色した、「極上鉛人型合金」フィギュアをプレゼント!

pre02

野口さんが、一つ一つ丁寧に彩色を施した重量感たっぷりのメタルフィギュアを三名様にプレゼント!
手に取ると、小粒なれどズシッとした重みが実に心地の良い一品です。

連載の第一回と第二回の最後にキーワードを発表いたします。
このキーワードが応募の鍵になりますので、メモしておいてくださいね。

第一回目のキーワードは「海老」です。

それでは、ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。
また来週お会いしましょう。

http://viagraonline-edstore.com/

<第一回 終>