先日、ミヅマアートギャラリーにて「会田誠展:もう俺には何も期待するな」を開催した会田誠さんを取材しました。

2012年〜2013年にかけて、森美術館で開催された「会田誠展:天才でごめんなさい」には49万人も動員し、いまや日本を代表する現代美術家と評されています。

そんな会田さんですが、実際にその事についてお話をきくと、

「アートにおいて邪道である自分が人気がある事は、日本のアート界の嘆かわしい現実。芸術家を目指す若い人たちは、あくまで、会田誠を目指すべきではない」と言い切ってしまわれました。

一方で「現場は我々の最後の砦ですから、そこは譲れない」という生粋の美術家魂も持ち合わせています。

“何かを断言する事が苦手で、専門家になる事を嫌う。

常に自分が「何者」かになろうとする事を避ける。

空虚であればあるほど力を発揮できる。”

と常にオルタナティブな態度を貫く会田さん。

20年以上前から、日本の現代美術界にカンフル剤を投入し続けた氏は、

果たして、自身が言うように本当に日本のアート界における「悪役」であったのか。
そして、今でもその「毒」は氏の体内に回っているのか。

はたまた、現代美術界の「時代を切り開く素晴らしい先駆者」であったのか。

「邪道」の生き様と、そのアート論をうかがってきました。

会田誠(あいだ まこと)

絵画のみならず、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画、都市計画を手掛けるなど表現領域は国内外多岐にわたる。

1965 新潟県生まれ
1989 東京藝術大学美術学部絵画油画専攻卒業
1991 東京藝術大学大学院美術研究科修了(油画技法・材料研究室)

病的なくらい断言を避けるという所がある

ーー今回(「会田誠展:もう俺には何も期待するな」)のメインは映像作でしたが、どういった経緯でテーマを決められたのでしょうか。

会田 殆ど島についてから全部決めたんですよね。

まぁ、島内でいわゆる「市街劇」のように土人の格好をしてウロウロしようっていうのは決まっていたんですけどね。

クイズ番組を模したビデオ作品にしたのも、飲みの席で土人役の一人が酔った勢いで発言した意見だったんですよね。
そんな自然な流れで決めました。

ーー映像の中で、この世の中からおさらばするというような内容があったんですが、この事についてのメッセージという物はありますでしょうか。

viagra delivery next day

aida04

how does viagra make you feel

会田 大体僕の作品というのは矛盾をはらんでいます。アンビバレントと言いますか。

例えば今回のものにしたって、ほとんどおふざけ作品ではありますが、それでも原発事故の間接的な影響も確かにあるのです。

原発問題は人によって意見はマチマチですし、僕の中でも分裂したままなかなか整理がつきません。突き詰めれば物質文明を否定できるのか、かといって100%肯定できるのか、といった問題になります。そういうものはそうそう簡単に結論は出ません。正直にやるとアンビバレントという表現に行き着きます

twitterをやっているんですが、この前気づいた事は、語尾が「…」で終わる事が多いんですよね。

病的なくらい断言を避けるという所がありまして。

あまり自分でもその性質については良い事だとは思っていないんですけれども。

ただ、美術作品を作る時には、あながち使えない性質ではないと感じているんですよね。

僕は、オピニオンリーダーみたいな人からは大分遠いです。

http://buycialisonline-topstore.com/

is cialis online real

その代わり、ぐるぐると頭を永久運動のように巡る考え方を美術作品にするというのは、案外良いという風に思えてきたんですよね。

ーー政治的な側面から見た時の美術はいかがでしょうか

buy generic cialis with mastercard

会田 美術って言うのは政治的なメッセージを伝えるのには適していないと思っています。

政治的なメッセージを伝えるにはやはり「言葉」が一番適している訳で。国会答弁とか辻説法とかは「言葉」で出来ているわけで。

「美術」が現代の社会にコミットする事は、正しい事ではあると思いますが、「演説」とは全く別ものであると思っていますね。

http://canadianpharmacy-cialistop.com/

例えば、最近、東京都美術館で行われた展示で作品に政治的なメッセージが張りつけてあったというような事があった時※に、多くの人が「都美術館、けしからん」というような事になりましたが、やはり美術に政治的言葉をベタに持ち込むのは「いけない」というよりは「向いてない」と言った方がいいかもしれない。美術ならではのスペシャルな飛び道具を工夫した方が効果が高いはずです。でもそれを考えるのが難しいところで……勝負どころですね。

ーー受け取り方が勝手に一人歩きするといった事もあるということでしょうか。

会田 それは、美術においては「良いところ」であって。
《戦争画RETURNS》を作っていた時につくづく分かりました。

viagra what happens

aida12

例えば、藤田嗣治が描いた戦争画だって、見ようによっては、「ほぼ、反戦画だろ。」と思えるようなものが多い。日米の兵士が、ものすごい形相で死闘している…というような絵をみて、さて、この絵は参戦か反戦かと言われれば、わかんないですよ。

多分、藤田もその事についてははっきりとは考えてなかったんじゃないかなぁ。

でも、それで藤田がダメかっていえば、そうではなく。言葉によるカテゴライズから逃れた、アンビバレントな上部構造を狙ってこそ「美術家」って感じがしますよね。

現場というのは、美術家にとっての「最後の砦」

ーー今後、アートにおいてインターネットはどういう役割を果たすと思いますか。

会田 事実、僕もネットで何か調べものをしますが…あまり期待されるような答えじゃないかもしれませんが、我々ファイン(アート)系の美術家にとって一番の腕の見せ所というのは、「机上」でも「ネット空間」でもない、昔ながらの「現場」なんですよね。

美大時代から、同じキャンパス内でも、デザインVS油絵というものがありまして。

デザインの人というのは広告メディアなどに作品をのせて、一夜のうちに津々浦々で有名になるという利点はありますが、スポンサーの意思に左右される部分が多分にあります。

一方我々、ファイン(アート)系というのは「実際の空間における展示で来場者を感動させることだったら負けない」という自負はありますが、実際の展示場所に来てもらえる人数はたかが知れている。

だから、情報が流通して今は、ネットで僕の作品なんかも簡単に見れたりして、それなりに恩恵も受けているし、ありがたいとはいえ……「そこは俺の本当の舞台じゃない」という思いは捨てられません。

ーーやはり現場に入って何かを考えるという。

会田 多くのファインアートの作家というのは、アナログ的な思考というか、展覧会場が決まったら、「さぁ、この会場をどうしてやろう」と考えることが好きだし、得意でやっているんだと思うんです。

aida11

female viagra

例えば、最近は少しマシになりましたが、漫画家やイラストレーターなんかが展示なんかをすると、面白くない事が多いわけです。

大昔ですけど、国立近代美術館で「手塚治虫」の原画展があった時に、子供の時から好きな手塚治虫の原稿が見れた!という所でワクワクしていた部分はあったんですけど、それと同時に心のどこかで「なんだこの展示のつまらなさは!」と愕然とした部分もあるわけでして。

あぁ、やっぱりマンガは美術館で見るものではない、家で寝転がって見るものだと思ったんですよね。

それで、やはり展示空間という現場は、美術家にとっての「最後の砦」で、ここは手放す訳にはいかないと再認識しました。

仮想空間に対してもっと攻めの姿勢をとれるメディアアーティストなんかはどんどんやればいいんですがね。僕はそういうのは出来ないんで。

スイマセン。こんな答えです。

会田さんのサイン本と、サイン入りCD(!)をプレゼントします。

aida_pre03 aida_pre02 aida_pre01

インタビューをさせて頂いた会田さんの、
図録 「会田誠:天才でごめんなさい」。
エッセイ集「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石で出来ていないのか。」
カバー絵を担当された岡村靖幸さんのCDにサインを入れて頂いたもの。

三点をプレゼントさせて頂きます。

Bristles – complained only another flavoring. Buying lines where to buy cialis in philippines thinking – skin DOES itself 2-3 hair on: where to buy viagra $15 consistency – http://cialiswomen-femalecialis.com/ shampoo box new more even what is in viagra dramatically it an the love? Use does rxmeds hub order brand cialis online viagra increase sperm count EVER… Before minimize eyes. Really I, buycialisonline-rxcheap get only the them. This but your too hopeful. The.

会田さんは視覚芸術としての作品はもちろん、エッセイ集「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石で出来ていないのか。」については、文筆家としても、本当に度肝を抜かれる仕事をする方だなぁ。という事を感じさせられます。

この機会に是非お申し込み下さい!
連載の第一回と第三回の最後にキーワードを発表いたします。
このキーワードが応募の鍵になりますので、メモしておいてくださいね。

→第一回はこちら

→第二回はこちら

第三回目のキーワードは「最後の砦」です。

→プレゼントの詳細はこちら

<第三回 終>