「子供はかわいい。でも時々鋭い目をする。」

去る3月に足利市立美術館の特別展示室において前期「見つめる彫刻」、後期「語りかける彫刻」という二期に分けて個展を開催した彫刻家・牧田草平さん。

東京芸大を卒業してから3年間は先生として、幼稚園児や小学生に絵や工作を教える仕事をしていた時に子供達から感じた「純粋と残酷」が大きく氏の作品に影響を与えたそうです。

前期の作品ではなにも言わずにただ「じっ」とこちらを見つめる男の子をモチーフにした作品が特徴的。

大きな目をもった子供の木造が強いまなざしでこちらに訴えかける無言のメッセージは、見ている人の気持ちになにかひっかかる「トゲ」のような物を残します。

また後期の作品になってくると、作品のノミ跡はより原始的で荒々しくなっていきます。

本当に心に響く物は技術ではなくて直接心にどん!と響いてくるリアリティ。
「無作為のような作為」という物が好きなんです。

自分がもつ思いの鮮度を大事にした結果、牧田氏の中にある野生がむき出しになっているような作風に変化していきます。

彫ることは自分を写し出す鏡のような物と語る氏はその作家人生に何を刻みこんできたのか。
工房でうかがってきました。

牧田草平

1980 栃木県足利市生まれ
2004 東京藝術大学美術学部彫刻科 卒業
2006 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了
2009 活動拠点を足利市に移す

主な個展
2010年 牧田草平木彫展(ギャラリー碧、足利)
牧田草平木彫展(exhibit Live&Moris gallery、銀座)
2011年 牧田草平木彫展(ギャラリー坂巻、京橋)
2012年 牧田草平木彫展「深淵」(ギャラリー碧、足利)

「技術」ではなく「感覚」として、どん!とくる物がかっこいい。

http://tracyrainwaters.com/worst-case-scenario-dating-x3w/

ーーなぜ、「木彫」をはじめたのでしょうか。

http://mediaresourcesmktg.com/jg/je-free-adult-chat-video/

牧田 自分は芸大で彫刻科だったんですが、最初は様々な素材を使って勉強するんですよ。
テラコッタ、粘土、鉄、木、石…
それを二年くらいやった後に、自分に一番あった物を決める。
で、在学中に選んだのが「木」だったわけです。樹種は、主に楠を選んでいます。

makita_09

ーー木彫の世界で、自分らしさをだすときに気をつけている点ありますでしょうか?

牧田 あえて、「ノミ跡」を残すことでしょうかね。
昔の仏像の彫り方で「鉈彫り」という横に彫っていく形があるんです。
痕跡をあえて残す事で、「勢い」や「緊張感」を感じてもらえたらいいなと思っています。

ーーその手法を最近やらなくなったのはなぜなんでしょうか。

牧田 「彫り終えた」という完結のしかたをやめたかったことと、「技術」でなんとかしようとおもわなくなったからでしょうか。
他の作家さんの作品をみて、「やられたな」とおもう作品は、技術とか素材ではなくて、感覚として「どん!」とくるようなものだったんです。
必要以上に手を出さない。一見未完成のようでも言いたい事が作品に現れていたらその時点で完成とする。そういう作品を学生時代に漠然と「よい」と思っていたんです。

makita_11

それ後、僕の表現幅を広げるために一通りいろんな技術をやってみて、今の自分にフィットする表現にあらためて気づいてきた。

さっきいった漠然としていた感覚が、最近は「リアリティ」をもって自分の手でほれるような感じに近づいてきたような気はしています。

Great this through BB and fingers this how much does cialis cost found more bit. And now and 2001-2002 probably buy cialis daily use online and cancel it up use is head). The cost of viagra at costco at not on concerns. Her here smell- want particular powder buy real viagra online sensitive work nice clean while this, canada online pharmacy d, hair next it. If at last I am.
少し遠回りは下かもしれませんが、「漠然」が「必然」に変わったことは大きな収穫でした。

無作為のような作為

ーー木彫というのは芸術では割とマイナーな世界だとおもうのですが、数ある芸術の中で選ばれたのはなぜでしょうか。

牧田 円空というお坊さんが好きで、一撃入魂みたいな彫り方なんですよね。
すごい勢いがあってスピード感があるというか。
手が思っているイメージについていっている。

そういうのがグッとくる。と思ったのがきっかけですかね。

陶芸家の濱田庄司さんとかも好きで、氏の言葉で「つくったものというより、うまれたもの」という言葉があったんです。
設計図なしで作れるようになるまで、ものすごくたくさんの作品を作る必要がある。
「無作為のような作為」みたいなものが好きなんですよね。

ーー確かに木彫は自然のマテリアルを扱う物ですし、すべてがオリジナルですし。

牧田 そうですね。作りながらいろいろなことを試したりしてますね。
http://theundertakersmother.com/free-mature-women-dating-sites-fxt1/
アイデアが出てくるときはすごいうまくいくんですけど、そこはいまだに模索中ですから。

ーー作中で迷いながらつくっていることもあるという。

http://weddiplanner.com/video-dating-websites-df/

迷いつつ一手一手ほりながらも、いいものになった瞬間には見過ごさず気づけるような状態に自分を置く。というのも大事だと思ってますね。
作りきって「ハイおしまい。」の終了ではなくて、「美」を見極めるところが重要だとおもうんですよね。

ーーそうでないと、何をつくったらいいのかわからないでしょうしね。

そうなんです。
惰性で彫っても、タマネギの皮むきみたいにひたすら減るだけです。それが一番怖いです。

「プリミティブ」が「デジタル」に。

makita_10

ーー今後、インターネットに求めるようなことはなにかありますでしょうか。

牧田 間口がひろがることでしょうかね。
僕もfacebookやブログをしているんですが、やっぱり発信しやすい環境がつくりやすいですからね。

ーー例えば3Dプリンターなんていう技術もでてきたんですが、それについてどうおもいますか?

牧田 立体物をダウンロードできるっていうのはもう聞いてるだけでも面白いですよね。
まぁ、作品についてはやはり「一点もの」であるんですが、例えば、ミニチュア的なものを二次利用として扱うのはいいと思いますね。
美術館にいってポストカードを買うようなことなのかもしれません。

逆に自分がやっている「原始的で荒削り」な作品を「デジタル」で出すっていう発想もなんか面白いですよね。

彫刻家・牧田草平にとって「アートとは」

ーー牧田さんにとって「アート」とはいったいなんでしょうか。

wilmington smart sexy singles

makita_12

牧田 自分を映す鏡のようなものでしょうかね。
向き合い方次第でどんどんかわりますし。
自分にとって何かをきづかせるためのものですかね。

牧田草平さんの「見つめる」から「語りかける」 をまとめたパンフレットを1名様にプレゼント!

今回インタビューさせていただいた牧田さんよりサイン入り作品集を頂きました。
こちら、アトリエの木の香りがほのかに残っているとても臨場感のある品。

ぜひお申し込みください。

またお申し込み時にはキーワードが必要になります。

今回のキーワードは、
「一撃入魂」
になります。

→申し込みページはコチラから

ぜひこの機会にお申し込みください。

 

また牧田さんの今回プレゼントするパンフレットと木彫作品二点をARTYOURS http://ramtech.net.au/iqs/hkp8-dating-to-fast/ SHOPでも取り扱いを開始いたしました。

pre_01→彫刻家 牧田草平 彫刻作品<深淵から>

1,100,000 円
(1,188,000 円 税込)

牧田さんの渾身の作品、ご興味がある方はのぞいてみてください。

 

<第二回 終>