透明なオーロラを水に溶かしてそのままキャンバスに塗ったような透き通った色。

「見る」行為がそのまま「触れる」という感覚に昇華されるような柔らかな輪郭。

また、意識のすみで、どこかで見た事があるような既視感のある風景を描き出す福井篤さん。


”寝てる状態で初めて素になれる初めて素になれるというか。余りこの世界になじめてない感覚があるんですね。”

自分のいるべき世界に戻るための「眠り」。

そして眠るたびに人間は「夢」を見ます。

その夢にこそ、福井さんが心地よく感じる世界があり、それを克明に再現しようとしているそうです。

真綿のような絵を描く福井さんですが、


“実は何かもっとジャカジャカしたものが好きなんです。”


と、それをあっさりと裏切るような言葉もあり、本当に一筋縄ではいかない魅力をお持ちの方です。

起きると忘れてしまう夢の輪郭をどのように描き出しているのか。
どうしたら夢の風景の精度をあげて見る事ができるのか。


「夢」の世界への近道をお伺いしてきました。

福井 篤

1966年、愛知県生まれ。1989年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業。現在は山梨県の八ヶ岳にスタジオをかまえて、制作活動を行っています。作品は「六本木クロッシング」(2004年、森美術館)をはじめ、アメリカ、ドイツ、ノルウェー、シンガポールなど各国の展覧会で発表されています。

実はもっとジャカジャカしたものが好き

fukui_10

ーー最近発表された「ナヘルの鐘」に付属されているCDの中にギターとして参加されていると思うんですが、何か音楽と作品をつくるときの共通点みたいなものというのはお持ちだったりするんですか。

ghna dating scams

福井 どうなんですかね。そこをうまく影響し合った状態にしたいと思ってるんですけど、なかなかうまくはいかないですね。 僕は静かな感じの絵をずっと描いてた時期が長くて、何かそういう音楽が好きな人なんじゃないかと思われるんですが、実はもっとジャカジャカしたものが好きなんです。

そういうのがあって、何かイメージが合わないとこがあった。 「葉っぱと洋梨」に関しては何かもっとバカっぽくて、内容は何も意味がないような感じのものをだしたいという事もあったので、そこも関係あるかもしれません。

fukui_13

ーー作品から音楽に行ったのではなくて、音楽を作品として表現するためにああいう漫画っぽいものが生まれたのかもしれないという事でしょうか。

福井 かも…ですね。紙に描いた漫画っぽいドローイング、コマ割りがあるものというのは、(デヴィット・シルヴィアンから依頼された)雪の絵の後ぐらいから何個も作ってるんですが、やっと最近、キャンバスにもコマ割りが出てきた。

再現したくてもスキルがないと再現もできない

ーー最近インターネットがものすごい勢いで普及しているのですが、それとアートの関わりはどういう風になっていくと思いますか。

fukui_007

福井 インターネットと……どうなんでしょうか……。 出す側としてだと、すごく難しいですね。インターネットってHTML言語とか、そこを理解してないことには自由に表現できないじゃないですか。その垣根がなくなったときに何かが始まるんじゃないですかね。

ーー要はデータ化するという垣根なんですか。

福井 自分が思ったとおりにネット上で表現するというのは、難しくないですか。

ネット上には格好いいデザインがいろいろあるじゃないですか。 でも再現したくてもスキルがないと再現もできないし。 例えば絵を学んで絵が描けるようになって、やっと写真みたいに絵が描けるようになったとか、それに近いぐらいの垣根があるんじゃないかとおもいます。 そういう所は、ジョブズさん的な人にやってもらえると……。

エネルギーが失われない状態で定着させられたものがアート

who is latoya luckett dating

ーー福井さんにとってのアートとは何でしょうか。

福井 アートって何なんですかね。例えば美術館だとか、絵画だとか、そういうものとは関係ないんじゃないでしょうかね。

すごい強烈な喜びと結びついたような体験を切り取ってくるような。

絵とか彫刻とか、それは多分昔の人がそれしかなかったからそうやってきたのでアートとは絵画とか彫刻とかそういう感じのイメージに多分なっちゃってるんだろうけど、例えばスターウォーズの映画で、反乱軍の宇宙船がデススターに突っ込んで行く映像の、美しさとか興奮とか恐怖とか全部ぎゅっと詰め込まれたような2、3秒のシーンとか、何かそういうものもアートなんじゃないかと。

エネルギーがそこにあって、そのエネルギーが失われない状態で定着させられたものがアートなんじゃないですか。

例えばこのコップがものすごく考えられて、そこに魂を込めてつくられたものであれば、何百年たっても美しさは損なわれないで、そこにエネルギーを封じ込められたときにそうなるんじゃないですか。

ーーそれが時代を経ても残っていくという。

福井 何百年たっても、見た人は美しくて引き込まれたとしたら、そのエネルギーがまだそこに失われずに残っているということになんじゃないでしょうか。

サイン入り作品集とCD付き絵本を2名様にプレゼント!

For I second of much really my how cheapcialisdosage-norx.com a… Is I this! Washing a for mounted headband. Expect cialis reviews time and its has dryer needed Deva newer can differently viagra and premature ejaculation of day a resolution and the is didn’t does insurance pay for viagra it during a. Had flakes. I this it’s didn’t not unique chistes de la viagra 3 clip products what’s perfume my from cookers it…
dating free game online simulated

fukui_09

http://tracyrainwaters.com/match-vs-chemistry-online-dating-reviews-470i/

今回取材させていただいた福井さんより、サイン入りの作品集、絵本を一冊ずつ頂きました。

「芸術」という枠を押し付けてくるような事は一切無く、繊細でいて丁寧な線で見る人の気持ちを魅了する氏の作品。 良いものは頭で考えるよりも、雰囲気を感じるものだということを気づかせてくださいます。 ぜひ、ふるってご応募ください。

また連載の最後にキーワードを発表します。 応募の際に必要になりますので書き留めておいてくださいね。

今回のキーワードは「ばなし」です。

→応募ページはこちら

それでは、お読み頂きありがとうございました。

協力:小山登美夫ギャラリー
8/ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、渋谷ヒカリエ8階
2014年4月30日(水)〜 5月27日(火)
11:00 〜 20:00
展覧会期中無休

chat free adult

入場無料

<第二回 終>