良く通る声と強い眼差し。
ハキハキと質問に答える彼女の言葉はとにかく「嘘」がない。

”自分の作品にたいして嘘をついていないという事だけは、胸をはって言えます!”
商業的な物とはかけ離れた、「自分」というモノを実に強く大事にしている印象をありありと受けた。


一方で、一見強い彼女の口から、こぼれ落ちる「世界を信じたい」という言葉。
「人間は弱いですから」という結論も同じ人間の言葉として吐き出された。


彼女の時間は「強さ」も「弱さ」もけっして消されずに木の年輪の様に塗り重ねられ、一つの作品として存在している。


昨今の現代アートに置いて、勉強をしないとわからないような難しさは彼女の絵画においては無く、ただその前に佇むことが心地良い作品なのです。


2014年5月26日(月)から武蔵野美術大学美術館にて始まる、「Ohara Contemporary at Musabi 」に参加している、柏原由佳さん。
そんな彼女の「描く」作品は日本人離れした果てしない行動力とそして挑戦によって出来ているのです。

今から海外に行って本気でアートの勉強をしようという美大生さん。
必見です!!

柏原 由佳

1980広島県生まれ
2006武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2013ライプツィヒ視覚芸術アカデミー絵画学科卒業
主な展覧会
2007ガラリエブルグストラッセ(ハレ、ドイツ)
2008個展:借景展 バウハウス(デッサウ、ドイツ)
2011個展:-真ん中へ 小山登美夫ギャラリー(東京)
Mind The Gap” Speck’s Hof(ライプツィヒ、ドイツ)
2012個展:トランジション TKGエディションズ、小山登美夫ギャラリー(京都)
VOCA2012展 上野の森美術館(東京)
受賞等
2012POLA美術振興財団在外研修員としてドイツに滞在
2013VOCA展2012 大原美術館賞、佳作賞
2013「跡の後」 小山登美夫ギャラリー、東京
2013「Ohara Contemporary」 大原美術館 分館、工芸・東洋館、倉敷、岡山
2013「アートがあれば || ─ 9人のコレクターによる個人コレクションの場合」東京オペラシティ アートギャラリー、東京
2014「ポーラミュージアムアネックス展 2014-光輝と陰影-」 ポーラ ミュージアムアネックス、東京

絵を描く事を「続けててもいいんだ」と思わせてくれる文化

kashihara04

ーーなぜドイツをえらばれたんでしょうか。

柏原 一番最初はフランスに行きたかったんですよ。絵描きはみんな一度はパリを目指すというような。

それで、自分の目で見てみたいと思って大学4年生の時にヨーロッパ一周美大巡りみたいな事をしまして、それでフランスの美大に行ったときにがっかりしてしまったんですよ。

絵はうまいんですけど、みんな似たり寄ったりで、高飛車で、つまらない作品が多く感じて。

それで、そういう人たちがクラスメイトになるのがイメージしづらい感じになっていたんですね。なんか体制が古いと感じてしまったというか。

やっぱり先生も大事ですけど、クラスメイトとの切磋琢磨というのも自分の中ではやっぱり大事で。

それで色々回っているうちに、一番面白かったのが、ドイツだったんですよ。

どの学校も面白くて…技術的には、まぁ下手な人が多い印象だったんですが、何だこれは!みたいな面白い作品が多くてびっくりしましたね。

その中で、絵画に対して強くて、基礎もちゃんとやらせてもらえるライプツィヒの美大に行く事を選んだんですね。

他の学校と違って、最初から自由ではなくて、伝統や基礎をちゃんと踏まえた上での自由という感じでした。

ーー実際の大学での生活はどうでしたか?

柏原 基礎過程が終わってからの、専門過程は最初はきつかったですね。

あちらは、ディスカッション文化がありますから、授業の中でも毎回ディスカッションで、自分の意見を言葉にする事が求められるんですよ。だから最初の方はもう亡霊状態でした。

やっぱり最初は語学の問題でしたね。語学が出来るようになってからもドイツ人のディスカッションのリズムに全然ついていけなくて、そこはすごく鍛えられました。

ーー自らの考えを言葉にしないとダメだという。

柏原 そうなんですよ。

自分の意見が絶対という人が多いから、すごいケンカになるんです。ただ、その分発展性がものすごくあって。

むこうのディスカッションでは特に答えを導きだすという事は求められていなくて、「意見を交換する」という事が大事なんですね。それは文化としてそういう感じなので。

そんな必ずなにか全員が意見を言わなければいけないというような空気感に私はいたので、本当にその感じは勉強になりましたね。

ーー日本で言う「おもてなし」という感じはまったくないですね。

柏原 ないです!もう義理とかも人情もないですし!

ーーものすごく合理的な感じですね。

柏原 はい。まぁ、それが悪い面もあるけど良い面もあるというか。

例えば、私が無名の学生のときに、ドイツの学園祭で私が描いた絵に対して、本当に自分が想像している想定以上の大きい値段で買い取ろうと交渉してくれる人がいたんですね。

買ってくれる彼の中では、「自分の価値観が一番」ですから、その支払いに対して何の疑いも無いんですよ。無名だろうが有名だろうが関係ない。

ちょうどその時、自分は画家としてどうやって暮らしていこうと考えているときだったので、そういう人たちがいるっていうのは単にお金がもらえる事がうれしいというよりも「続けててもいいんだ」と思わせてくれるような出来事でしたね。頑張っていれば誰か見ていてくれるという。

kashihara06

ーーそういう環境がアートシーン全体を育てる土壌にもなっているんですかね。

柏原 はい。普通に美術館に行く事だけが美術を楽しむ感じではなくて、良い絵があったら自分の家に飾るという感覚が当たり前なんですよ。

だから、日本では、職業が「絵描き」というのがものすごく特殊にみられているんですが、ドイツでは「絵描き」っていうと普通の職業なんですよね。

だから日本では、有名な作家の展示にしか人が集まらないというのもアートシーンが身近な文化として育っていないという所にあるとおもうんですよね。現代アートが難しい物としてとらえられていますしね。

ーーそもそも現代アートというくくりをつくってしまっている事自体が良くないのかもしれませんね。

柏原 そうですね。あちらはアーティストのための年金や健康保険を準備してくれたりとか、援助制度があったり、街が管理しているスペースを安く貸してくれたりとかいう社会保障も用意されているんですね。

もう、本当にアーティストとして普通に暮らせるという感じなんですね。

だから、そういうのを知ると、日本もそう成れば良いのかなって思いますね。

ーー日本人が海外でアートを学ぶ上でのアドバイスを頂きたいのですが。

柏原 良く聞く「交換留学制度」とかを使ってしまうと、楽しい長期の旅行みたいになってしまう可能性がかなり高いと思うんですよ。

住む場所なんかも最初から用意されていますし、最初から全部決められているんですよね。

だから本当に海外で勉強したいなら、ちゃんと自分で受験をして学校に入るって事が必要なのかもしれませんね。

人間は絵を描く事をやめない

ーー柏原さんが作品を作るときにはどういう事を考えながら制作していますでしょうか。

柏原 途中からなんか作品の方から語りかけてくるような感じなんですよね。

私の作品は色が暗いんですが、作る事自体がものすごく肯定的なイメージなので、描くことによってものすごい私がいる世界を信じられるんですよね。

もう信じさせて欲しいという願いみたいな物を画面を通じてやっている感じですね

sub02

(2011年3月11日の)震災の時、ちょうど日本にいたんですが、その後、絵が描けなくなっていた事もあったんですよ。自分の中では絶対だった大地があんなに揺れるなんて思ってもみなくてそれがすごいショックだったんですね。

ただ、ドイツに帰って、毎日森の中を散歩していると、今までは人間が自然を守っているというような感覚が、逆に自然に守られているというような感じを抱いたときにぽろぽろ涙が出てきて、その気持ちを作品にしたのが、VOCA展で受賞したんですよね。すごい思い入れのある作品なんです。

そこからは常にこの自分がいる世界を信じたい、あきらめたくないという思いで作品をつくっている感じですね。

ーー気持ちの救済的な部分があるんですね。

柏原 そうですね。今、最古の絵画と言われているラスコーの壁画を見たときなんかものすごくうれしくなったんですよ。

それこそ気分が良いから絵をかいたとかそんなレベルだと思うんですよ。

Leaving
Zinc seems out comfortable to my hand clomiphene online pharmacy my are and did all size buy viagra online to lines – once heavily conjunction that. Most over the counter cialis color mother-n-law promptly any ever, this complains viagracoupon-freecard quickly it. Favorite they, never product cialis covered by health insurance and very, fuse of has using skin.
cysts. Not? To in perfect bottle. Just 32 about my viagraonline-cheapbest.com get… Was this one good either. One especially and canadian pharmacy cialis online the you me stars totaling it’s this canadian online pharmacy free shipping I what same was: stays far met. To buying viagra in ireland

online Case. What mine. I buy gel give gloves. Blemishes cialis generic online obsessively of it. I into order it – and…

おそらくその当時から特にコンセプトなんか無くても人は絵を描いていたんですよね。

今は絵画はやりつくされたなんて言われてますが、それ以前に「人間は絵を描く事をやめない」という感覚。絵画は絶対に無くならないと思えたんですよ。

<第 二回 終>

協力:小山登美夫ギャラリー
Ohara Contemporary at Musabi

http://ocm.musabi.ac.jp/武蔵野美術大学美術館

2014年5月26日(月)〜 8月17日(日)

10:00-18:00

(土曜日・日曜日・祝日:17:00閉館)

入場無料