良く通る声と強い眼差し。
ハキハキと質問に答える彼女の言葉はとにかく「嘘」がない。

”自分の作品にたいして嘘をついていないという事だけは、胸をはって言えます!”
商業的な物とはかけ離れた、「自分」というモノを実に強く大事にしている印象をありありと受けた。


一方で、一見強い彼女の口から、こぼれ落ちる「世界を信じたい」という言葉。
「人間は弱いですから」という結論も同じ人間の言葉として吐き出された。


彼女の時間は「強さ」も「弱さ」もけっして消されずに木の年輪の様に塗り重ねられ、一つの作品として存在している。


昨今の現代アートに置いて、勉強をしないとわからないような難しさは彼女の絵画においては無く、ただその前に佇むことが心地良い作品なのです。


2014年5月26日(月)から武蔵野美術大学美術館にて始まる、「Ohara Contemporary at Musabi 」に参加している、柏原由佳さん。
そんな彼女の「描く」作品は日本人離れした果てしない行動力とそして挑戦によって出来ているのです。

今から海外に行って本気でアートの勉強をしようという美大生さん。
必見です!!

柏原 由佳

1980広島県生まれ
2006武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2013ライプツィヒ視覚芸術アカデミー絵画学科卒業
主な展覧会
2007ガラリエブルグストラッセ(ハレ、ドイツ)
2008個展:借景展 バウハウス(デッサウ、ドイツ)
2011個展:-真ん中へ 小山登美夫ギャラリー(東京)
Mind The Gap” Speck’s Hof(ライプツィヒ、ドイツ)
2012個展:トランジション TKGエディションズ、小山登美夫ギャラリー(京都)
VOCA2012展 上野の森美術館(東京)
受賞等
2012POLA美術振興財団在外研修員としてドイツに滞在
2013VOCA展2012 大原美術館賞、佳作賞
2013「跡の後」 小山登美夫ギャラリー、東京
2013「Ohara Contemporary」 大原美術館 分館、工芸・東洋館、倉敷、岡山
2013「アートがあれば || ─ 9人のコレクターによる個人コレクションの場合」東京オペラシティ アートギャラリー、東京
2014「ポーラミュージアムアネックス展 2014-光輝と陰影-」 ポーラ ミュージアムアネックス、東京

個展のきっかけは「自分でもわからない事」

kashihara01
 ーー展示を行ったり、賞を取りにいくようなモノには興味はありますか。

柏原 公募展とか全然興味がないタイプだったんですよ。丸裸のような自分の絵を見せる事なんて出来ないって思ってました。

でもやっぱり絵を描く事は好きなんですよ。もっと良い絵を描きたいとおもってましたし。

ただ、ドイツの大学にいって3年目くらいのときに、全然自分の予定してなかった作品が出てきたんですよ。
自分でも良いのか悪いのかわからない作品が出てきちゃったんです。

そうなった時に、人に見てもらいたいと初めておもったんですよね。
その時、やっと人が個展する気持ちがわかったかもって感じました。

で、その時の作品を小山さん(所属ギャラリー)に送ったんですよ。

小山さんを選んだのも数ある中で自分が好きなギャラリーだったからなんです。
自分の作品を本当に大好きなギャラリーにみてもらいたかったので、
作品をPDFにしてギャラリーにコメントをくださいとメールをおくったら、すぐに返信がきたんですよ。

その文面が、

「行きます。」

ってものすごい簡潔なものだったんですね。

なので、最初はメールをちゃんと読んでないのかとおもって、再度自分がドイツに住んでいる事をメールで伝えたんです。そしたらまた直に返信が帰ってきて、

「来週水曜日にスイスに行く用事があるので、その帰りに寄ります。」

と、きたときには本当に来るんだ!と思ってびっくりしましたね。
その後に直に日本での個展が決まったので、本当に小山さんには感謝しています。

ただ、その時もそうだったんですが、小山さんは作品に対してコメントを一切くれないんです。
なぜかというと、「アーティストがのびるのは自由にやらせたときで、ギャラリストが制作に対して意見を言うべきではない」という考えを持っていて、それをひたすら堅守しているというか、けなしもしないし、ほめもしない。もうとにかく何も言わないですね。

自分で作った色って言うのは、自分が本当に欲しい色

ーー作品の色がものすごく特殊な透明感が出ているんですが、それにたいして何か意識してらっしゃるところはありますか。

柏原 自分で色をつくるってことですかね。

ドイツに行くとびっくりするくらい絵の具の種類ないんです。日本では画材屋にいくと何百種類とあるんですけど、それがドイツでは本当に揃ってない。
大学でも、最初に教授に用意すれば良いと言われた画材は小学生の時に使った12色の絵の具パックみたいなものだったんですね。
それでいざ授業を受けてみたら、教室に大量の卵パックとヨーグルトの瓶が用意されていて、それが何だったかというと、卵パックが「パレット」で、ヨーグルトの瓶が絵の具を伸ばす「溶剤入れ」だったんです。

それだけで、あとは好きなように絵を描けと言われたんですが、意外とすごい描けるんですよね。色も混ぜて作れますし実際にはそういう事も忘れていました。
それで実際に今まで日本でたくさん用意されていた絵の具の色って言うのは、私が作った色ではなく、選ばされている色だと思う様になったんですよ。メーカーの作った色をそのまま使っていると気づいたんですよね。

sub03
ーー選択肢をたくさん増やす事で、逆に選択させられて自由じゃなくなっているという。

柏原 本当にそうですね。絵描きなんだから色も作れるはずなんですが、それをやらなくなっちゃうんですよね。 作った色って言うのは、自分が本当に欲しい色だと言う事なんですよね。

 

絵を描くという事で助けられる

IMG_7302

ーー柏原さんにとって、アートを一言であらわすとしたらどのようなものでしょう。

柏原 色々と信じさせるきっかけを与えてくれた物ですかね。
人間って弱いじゃないですか。でも絵を描くという事ですごい助けてもらってたんですよね。

それによっていろんな事を信じさせてもらえたという事があります。
世界は美しいものばかりではなくて、きっとそうでないものでも溢れています。
それでも、世界は美しい、と言えるようになりたくて、絵を描いているのかもしれません。
ーー最後に、インターネットに今後どのような事をもとめるでしょうか。

柏原 作品はやっぱり実物が一番良いと思うんですね。
告知が出来るようになったという事は大きいんですよ。そういうところでは恩恵をうけています。

でもやっぱり、インターネットでは実物とは全く違いますので、それが違うということをわかってもらった上で、展示を見に来て欲しいという意見ですね。

小山さんも「僕はこの目で作品を見ないと絶対にわからないので、見るまではコメントしません。」と最初におっしゃっていて、それには感動しましたね。
ただ、小山さんと初めてのやり取りしたのは、インターネットでやっているという感じですから、便利なところはあるんですけど。

実物を見ないと絵は絶対にわからないんですよね。見た気になっているだけだとおもうんです。
だからインターネットで告知しておいて、申し訳ありませんが見に来てください!と言う感じですね。

 
協力:小山登美夫ギャラリー
掲載画像:©Yuka Kashihara, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
Ohara Contemporary at Musabi
http://ocm.musabi.ac.jp/武蔵野美術大学美術館
2014年5月26日(月)〜 8月17日(日)
10:00-18:00
(土曜日・日曜日・祝日:17:00閉館)
入場無料
<第 三回 終>