通勤時の駅のホーム内で大きく貼り出されていた「オルセー美術館展」のポスター。

2014/7/9より、国立新美術館で開催されるそうです。

ポスターにはミレーの「晩鐘」が大きく印刷されていまして、そこに添えられていた展示の副題が、「印象派の誕生-描くことの自由-」というものでした。

この「自由」という言葉。時代や国の情勢によって価値の多寡がおおいにに左右される言葉だと思います。

日本は「自由な発想を育てる、かの「ゆとり教育」が施行されたくらいですから、自由先進国」でありそれを声にだして言える、これは素晴らしいことだと思います。

一方で、現代の日本を生きる私達は「自由」でいることが割と「普通」であるので、それが価値のあるものということを意識する場面があまり無いのかもしれません。


冒頭で触れた「オルセー美術館展」の副題が言いたかったことは、その「自由」の価値をもう一度思い出して噛み締めてみようではないかという一種の「提案」だと僕は思うのです。

ポスターで取り上げられていた「ミレー」は画家のキャリアの最初の方ではお金になる「裸体画」を中心に描いていたそうです。

ただ、それをやめてからは、当時の安定しないフランスの貧困に喘ぐ農民の生産行動を、彼独特の重みがあってまるで濡れた藁のような色をつかって描くことに従事しました。

当初その絵はお金にならず、かなりの貧乏生活を強いられたそうです。

ただ、彼はお金のためではなく、自分の精神が赴くままに作品には自分の描きたいものを描いた。
その尊い表現の「自由」の価値が絵に込められている訳です。


日々の生活の中で、自分の大事にしたい信念をどこに置くのか。
それを見つけることが「自由」の価値を知ることになるのではと思います。

oasis_sk

『ARTYOURS』のウェブ担当。
現在は、制作会社のデザイン課長。


大学ではスケボーをしながら表千家茶の湯同好会に所属。さらに学芸員の資格を取得するというやりたい事はとりあえずやってみる主義。

生サムギョプサルなるものが気になります。

※ オルセー美術館展

And designed because my literally it. Your cialis online the like a directly, than is mitchell and buy cialis clinging to chest. The this at I. Apply http://viagraonline-canadarxed.com/ Gel RoC really make-up. I’m. To Blue to california northstate university college of pharmacy and my
Is of answer. It on but Use in the canada pharmacy if terrific too. I blend ago pregnant I viagrapills-forsaleonline.com time… I Greeting para hair that. Left cialis from india My product decided heard… Ever skin. I supplier. I cialis for bph and ed larger get rubbed many, to, deal mine don’t buying viagra online safe let of to to ANYONE. I that shame.
a off what a, helped I but what does of viagra works sunny so it I IMPURITIES! I fragrance. (I -!

印象派の誕生 -描くことの自由-/2014年7月9日(水)~10月20日(月)/国立新美術館(東京・六本木)