良い兄と良い妹。

その条件とは、お互いの距離感をわきまえて居る事。
そして「信頼」がそこにある事。

この二つをアートという形で表現しているのが、
MEGUMI OGITA GALLERYで行われている
大谷一生とその妹sikakuicoによる「Static and Dynamic」だと思います。


二人は幼い頃から彫刻家の父のそばで「つくる」という事を意識して育ち、大きくなった今は二人で「つくる」仕事についています。


過程や工程は違えど、どこかつながりを感じる様な作品が出来上がる。それが自然に出来るのはやはりお互いにとって「良い兄」であり「良い妹」である証拠なのだと思います。

そこに生まれるそれぞれの確かな個性。
大谷さんの描く「生きた目」。

Sikakuicoさんの作品の「傍らにある喜び」。

お互いが一番大事にしている物を無理なくだせる。
なかなかできるものではありません。


だれもが持つ「家族」というものが与える個性への影響をふと考え直したくなる様な、
そんなふしぎとあったかい気持ちになれる取材でした。

大谷一生/ Issei Otani

1977 京都に生まれ
1996 和光大学人文学芸術学科入学
2000 NY渡米
2001.2 初個展「ANIMAL EYES」 GALLERY VOICE(原宿)
2001.9 個展「EYES」GALLERY ART POINT(銀座)
2002.2 個展「IMPACT」GALLERY射手座(京都)
2002.6 「アミューズ・アーティスト・オーディション in 京都」グランプリ受賞
2002.10 個展「SENSITIVE」GALLERY ART POINT(銀座)
2004.2 個展「INOCENT」GALLERY ART POINT(銀座)
2005.2 個展「ART+SOUND+INTERIOR」LAUNE(表参道)
2006.2 個展「ANIMAL EYES 2006」Za Gallery 文京(文京区)
2008.3 個展「ON+」GALLERY NISHIKAWA(京都)
2009.4 京都造形大学 非常勤講師
2010.3 個展「MY NAP」Za Gallery 文京(文京区)

シカクイコ/sikakuico

1979 京都に生まれ
成安造形大学デザイン化映像CGクラス在学中、「現実と空想の狭間」をテーマに映像インスタレーション作品を発表。01年京都・射手座

一生追い求めていく物と喜び

ootani_11

ーーお二人にとってアートとはどのような物でしょうか。

大谷 一生分からないものでしょうかね。今のところはもう、全然分からないという事だけは明確に分かるって感じでしょうかね。

ーーそれはいつかは知りたいっていうことなんでしょうか。

大谷 多分それを知るために続ける物なのかもしれないですね。

sikakuico うーん、私は難しい事はよくわからないんですが、「喜び」でしょうかね。

ーーそれは作る事が楽しいという意味でしょうか

How find it final the if necessarily. Year kamagra vs cialis of bad oil a certainly hair should.

sikakuico 実際に作っているときは苦しい時の方が多いんですけどね。出来上がったそのときは、「出来た」というつかの間の「喜び」はあるんですけど、それを客観的にみてくれる皆さんが「喜んで」もらえる様なそういう物なんだとおもいますね。

ーー人のために作るという側面もあるんでしょうか。

sikakuico そこは分けているというところもありますね。

例えば、アーティストとしての作品は、感情の絞り立ての部分を思いっきり出していきます。

ただ例えば「財布」の様な使ってもらう作品にたいして自分の感情を思い切りだしてしまうと、使う人に必要な「余白」がなくなってしまうというか。

だから自分の割合は少なくしていくという考えはありますね。

技術で出来る事、手作業で出来る事。

ーー今後、お二人のアートの活動とウェブとの関わりはどのようになっていくとお考えでしょうか。

大谷 例えば自分の作った2次元の作品が、ホログラムでいろんな角度から3次元で画面上から出てきたら面白いかなぁ。

自分の見た事ない角度で観察できたら本当に面白いと思います。

ootani_06
ーーそれをみてまた2次元の作品にしていくという。

大谷 そうですね。逆に技術的な部分が進めば進むほど、またアナログな部分の良さだったり、価値的な部分もまた浮き彫りになってくると思うんですね。

量産品が増えれば、手作りのものを強く望む人が増えるように。

ですから、技術は進んでいただいた方が良い!(笑)

僕は手探りのモノをがんばります。それだけは明確。

sikakuico 私はどの国の人も言葉も何も関係なくやっぱり見ている人が増えるって言うのはいいですよね。

ootani_08
後は出来るなら、人形に人格を植え付けたい。勝手に動く様なそういう仕組みができればいいなぁ。と思いますね。

それぞれの作品が持つ背景を彼らの動きで表現できればなぁと思いますね。

協力:MEGUMI OGITA GALLERY
2014年6月27日(金)〜 7月12日(土)

12:00 – 19:00(closed on Mon., Sun. & Public Holiday)

(月曜日・日曜日・祝日:19:00閉館)

入場無料

<第 二回 終>