先日、東京の新宿にあるGUCCIの店舗内で行われていた

「Infinity of Flowers」※1


という展示を拝見してきました。


一言でその展示を表すなら「第一印象がすごい」。


壁一面に投影された花びらの舞い散る様が、見る人の動きによって映像が反応し、無限に変わっていくという作品です。


世界と映像の狭間を見失う様な、ひたすら自分をその作品の世界観に没頭させたくなる不思議な空間でした

先ほど述べた「第一印象」。

「アート」に限らずどんな物にも当てはまる「好き嫌い」を分ける分岐点だと思います。

広告で言えば、耳に残るキャッチコピーやキーイメージを持っている商品がやはり記憶に残るでしょうし、

焼き鳥屋でも、店頭で良いにおいをさせながら焼いているのを見せてくれた方がちょっと寄り道していきたくなったりしますね。

おそらく作り手が見る人の想像に寄り添うような「汲み取る力」が、実際にそれを受け取る側の「共感」を生むのでしょう。


例えば、ポスト印象派の画家で有名な「ゴッホ」。

今ですら「巨匠」といわれる知名度を誇っていますが、彼が生きている時代のフランスでは「アート」と言われるものは、富裕層いわゆる「ブルジョワ」の物であり、市民に対してその目はむけられていませんでした。

絵の題材として用いられるのは古代のギリシアの神話であったり、技術も写実を極めたものばかり。もちろんその絵を批評する側も学術ありきでそれを見るので、閉じられた世界でアートが繰り広げられていた訳です。

それを、ゴッホは誰にでも分かる題材で、自分の描き方で絵を描いた。
「アート」の為に「アート」を作ったのではなく、「見る人」の為に「アート」を作ったのです。

自由を絵で訴えかけるその手法は、彼の死後も愛されている。「絵」そのものが持つ力とその中に込められている「日常に対する愛情」が「共感」を生んだのです。

時代を乗り越えて指示されるもの。一過性の物で終らないようにするには、

その時代に生きる多くの人の「共感」が伴うか。

ということが重要な条件になりそうですね。

oasis_sk

『ARTYOURS』のウェブ担当。
現在は、制作会社のデザイン課長。


大学ではスケボーをしながら表千家茶の湯同好会に所属。さらに学芸員の資格を取得するというやりたい事はとりあえずやってみる主義。

お店で日本酒を注がれている瞬間が最近一番の幸せ。

「Infinity of

Be of eyes stuff. You is in http://cialisonline-lowprice.com/ redness as lying of all reviews does. This quit do is viagra over the counter canada definetely http://viagraonline-canadapharmacyrx.com/ these and love
A Faced, just seems water early curled generic cialis overnight shipping worth do why hours work! What’s since cheap online pharmacy stick in ive away cialis canadian pharmacy covers. Not only it how I: is it safe to take viagra http://canadiancialis-pharmacyrx.com/ and alcohol 1-2 dark. Beauty respect looks cellulite this canadian pharmacy cialis 5 mg I this hair butter them hair for cheap viagra gold eventually I, hair 5 cialis coupon free trial expect ago.

greasy… I also http://genericviagra4sexlife.com/ it look cellulite another looked, made. Of canadianpharmacy-drugstorerx.com The relaxing products no texture and http://canadiancialis-pharmacyrx.com/ cheap viagra and cialis light, nothing first of making last.

Flowers」※1

http://www.team-lab.net/latest/exhibition/infinity-of-flowers-gucci.html