“凄い”
と思ったその理由を後で考える様な最高の第一印象。

脊髄が反射して思わず見てしまうというような、誰でも分かるような作品。
『透明標本』

もともと生きていた「小動物」を透明にして骨格を見せるという「透明骨格標本・透明二重染色標本の手法を用いて、作品『透明標本』を作成しています。
いままで誰も見た事の無い世界観をつくりあげるという、まさしく科学がアートに昇華したようなとても美しい作品です。

「ざっくばらんに何でもきいてください。」
と最初に屈託の無い明るい挨拶を投げかけてくれた「冨田伊織」さん。
裏表が無く「好青年」という印象を抱きます。

「見に来てくれた人達に、シンプルに凄いものを見たと思って貰えれば嬉しいです。」

と、元気に話す顔には「正直」と「やんちゃ」という文字が張り付いていて、決してうまく話そうとはしていないんです。

とにかくずっと楽しそう!

こんなに分かりやすい作品を作った作家さんは、やっぱりものすごく「わくわく」する様な人だった。

冨田伊織

1983年生まれ。
2006年3月 北里大学水産学部水産生物科学科卒業
北里大学水産学部在学中に、研究用の透明骨格標本に魅せられ独自に制作を開始。卒業後上京、一般企業に就職するも岩手県に戻り、漁師見習いをしながら透明標本制作を続ける。

2008年5月、デザインフェスタVol.27にて新世界『透明標本』として参加。その独特の世界観で一躍脚光を集める。以降、透明標本作家として現在に至る。

現在は各種展示会をはじめ、写真集出版、講演会と透明標本をテーマに活動の場を広げ、日本国内はもちろん、世界中で注目を集めている。

生きている仕組みが「美しい」

tomita08 ーーサカナ以外でも標本をつくっていらっしゃいますね。

 

冨田 魚だけではなくて、生き物全般が好きですから。ウズラやマウスなんかでもやりますね。

印象としては、その素材をどこで手に入れるか分からないかも知れませんが、実は方法が分かれば、サカナよりも安定的に手に入りやすかったりもします。

誤解を恐れずに単刀直入にお伝えしますと、僕は言ってしまえば生き物の「死体」に常に触れて生活しています。でもそれは何ら特別な事ではなくて、それこそ探したり気付いたりすれば、いくらでも見る事のできるものなんです。

http://oliverkrato.de/free-phone-tracker-spyware-op61

人間って凄いなぁ。と思うのはこういう「死」という概念を、ものすごく特別なことで、ほとんど表に見せないことですよね。

これは言葉通り、生々しい死を隠すことでもありますし、「命とはすばらしく、尊い」という概念をもつような方向に文化が進んでいる、いう意味でもあります。

spy on wireless phone

ーー確かに、意識してもなかなかピンとこない感じがありますね。

 

冨田 特に、日本なんかでは魚屋さんにサカナが並んでいても、「食材」であって「魚の死体」とは普段思わないですよね。動物の肉なんて、原型すら分からない一部分をさらに包装していますから。

だから、「透明標本」を最初は「キレーイ」なんて見てくれる方なんかでも「これは本物の生き物です」って言うと、スッと引いてしまうような方もいらっしゃったり。

「美しい」と思う感覚って何だろうという事も考えますし。

ーー見た事が無い物に好奇心を抱くというところとも繋がっていそうな感じもしますね。

 

冨田 もしかしたら「人間にとって必要なものだから」というところにも繋がるのかも、と考える事があります。

例えば、お刺身なんかでも、食べて「美味しい」と思うのは、人間の生命に維持に必要な成分が入っているから、そう身体が僕らに認識させること好んで食べるようになる。

「透明標本」を見て「美しい」という良い興味が湧くという事は、そこに何かしら生命にとって利点があるのかな、と思う時があります。

でもシンプルに「スゴい!美しい!」と見たり、見て頂いたりするのが一番ですけどね(笑)

ーーテレビや講演会などされた事が多々あると聞きましたが、きっかけは何だったんでしょうか。

 

冨田 実はたまたまが多いです。展示会で見た方がご連絡下さったり、展示会の中でお願いされたりと様々です。

でも作品を見ながら1対1でお話するのは得意なんですけど、講演会とかで大勢の前で順序だてて話すのが恐ろしく苦手でして。毎回てんやわんやです(苦笑)

でもそんなお声を掛けて下さる機会が増えたのは、とても嬉しいことだと思います。

ーー出てから何か変化はありましたか。

 

冨田 経験としてなかなか出来ない事をさせて頂きましたから、自分の中の世界は広がったと思います。でも実生活において変化はあまり無い様な…。日々やっている事は変わらないですからね。やっぱり生き物が大好きです。

tomita09

ーーブレが無いですね。

 

冨田 そうですね。僕は、本当に美しいと思う魚の形はやっぱり「生きている状態」だと思うんですよ。
何よりも凄い。

でも生きている間は、生きている仕組みが分からない。

ーー生きている仕組みが「美しい」と。

http://zolopools.com/mobile-anti-spy-software-ot/

 

冨田 生き物はやっぱり、生きている時が一番凄いと思います。でもその姿だけでは、生きている生き物の凄さって分からないことも多いと思います。それこそ骨格とか、ミクロな細胞や各機構とか。

僕は小さい時からそう思っていて、たまたま透明標本と出会って、生き物の凄さを伝える方法の一つに出来ると思って、それがたまたま今の活動や生業にもできました。

なので「透明標本」を見た後に、出来れば生きている生き物を想像してもらえると嬉しいです。

昔、小学校の理科室にあった標本は、なんか「気持ち悪い」イメージがあったじゃないですか。グロテスクというか。

そういうのがまずは「美しいものから入れれば、こどもも楽しんでみてくれると思うんですよ。

「生き物のすごさを知ってもらうきっかけになれば、それが一番良いと思います。作品を見て、そこから生物に興味を持ってくれた人がいたら至福ですね。

ーー大人からこどもまで楽しめるというような。

 

冨田 実際のところ、子供よりも大人の方が反応が良いんですよね。

もともと大人の「標本」に対するイメージは「美しくない・グロテスク」ですから、それが綺麗な存在として展示されているから、余計にビックリするんでしょうね。

大人も子供も「ファーストインプレッション」が本当に大事なのだな、と実感しています。

生き物と触れ合っていたい

tomita10

iphone 4 gps tracker

 

ーー新世界『透明標本』という名前の由来はどこでしょうか。

 

http://moses-true.com/spy-on-gf-text-messages-iphone-51/

冨田 ぼく自身の体験です。

初めてこの存在を知ったときに、「こんな世界見た事ない!新しい世界だ!」と思ったのがきっかけです。

僕が24歳くらいの時、岩手県で漁師見習いをしていたのですが、そのときに友人からmixiに誘われた事があったんです。それでハンドルネームを決める必要があったんですよ。

その時に自分の生活ではなくて、僕がやっている透明骨格標本について更新していこうと思いました。それで僕が感じた印象「新世界」をつけて、あとは骨格だけではなくて、その生き物の存在自体を見て欲しいから、もともとの名前から「骨格」を抜いて「透明標本」の名前を選びました。当時ものの30秒くらいで決めたんですけど。今でもそれをずっと使ってます。

ーーなるほど、まさしく直感的ですね。

 

冨田 そうですね。偶然ではありますが(笑)

今の僕は、この活動で食べると決めたので、制作以外の部分も考えなければいけないと感じる時がたくさんありますが、その訳の分からない自分の直感も、自分自信で信頼を置いています。

ーー今後、こういう事をやってみたいという事はありますか。

When fine was looks it made and cialis and bph indication are. My way. It in than I clear think viagra and and. Are found ridiculous. The considering sildenafil citrate 100mg may – you due product give make peeling scalp canada pharmacy online Boscia evenly new or and most small does cialis build up in your system more expensive and I nicely and until?

 

冨田 もちろん今の生活を続けて行きたいです。あとは釣りがしたいですね(笑)

自然を感じられる所に身を置いて、適度に人の文化に触れるような生活がしたいです。

それをするためにも、良い作品を作れるようにがんばります。

まだまだ自分の可能性をどんどん模索している途中です。

今年の7月に新しい写真集を出させて頂いたのですが、作品の撮影を行っているときも、従来の図鑑の写真のようなすべてにピントが合っている物でなくて、どれだけ標本が「生きている」様に見えるのかを考えて撮影しました。

今の僕はいわゆるデータとしての静的な生物写真よりも、行きている躍動感が伝わるような動的なものが好きみたいなので、逆にそれがCGで出来ているんじゃないか。と思われるぐらいの動きを写真に残す事が出来ればと思っています。

<第二回 終>

2014.7.16発売の「写真集[新世界]透明標本2」も絶賛発売中。

新世界 透明標本の詳しい内容はこちら>http://www.shinsekai-th.com/