“今という時代は、中身の「私」が何をすべきかを考えなければいけない時代だと思うんです。”

現在開催中のヨコハマトリエンナーレ2014のアーティスティック・ディレクター森村泰昌さん。

自らの身体を使って世界的に有名な絵画や有名人などを表現する「セルフ・ポートレート」で日本のアートを世界に広げたパイオニアの一人です。


彼が感じているのは、人間の「価値観」の居場所。


藝術によって「本当は大事な価値観」を取り戻す事を今回のトリエンナーレのコンセプトにも置いていました。

またウェブメディアであるSNSの台頭によって大きく広がっているセルフブランディングという自己表現の方法。
自らの写真を公開するのが当たり前になっているこの時代に、大事な物は何なのか。

「自撮り」に埋め尽くされた今の時代のその先を森村さんに聞いてきました。

森村泰昌(もりむら やすまさ)

1951年大阪市生まれ。大阪市在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、専攻科修了。
1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。
1989年、ベニスビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で展覧会を開催する。
主な国内での個展に、「美に至る病/女優になった私」(横浜美術館 1996年)、「空想美術館/絵画になった私」(東京都現代美術館他 1998年)、「私の中のフリーダ」(原美術館 2001年)、「なにものかへのレクイエム/戦場の頂上の芸術」(東京都写真美術館他 2010年)など。文筆の仕事も多い。今年の著作に、「美術、応答せよ」(筑摩書房)、「たいせつなわすれもの」(平凡社)、「ヴァガボンズ・スタンダート02森村泰昌」(平凡社)。
2006年、京都府文化功労賞、2007年度、芸術選奨文部科学大臣賞、2011年、第52回毎日芸術賞、日本写真協会賞、第24 回 京都美術文化賞を授賞。2011年秋、紫綬褒章を受章など。

藝術の位置というのは、「子供以上、大人未満。」

morimura06

ーー展覧会の構成の中に、「おそるべき子供たちの独り芝居」というものもあるのですが、子供にとって藝術が与える影響をどのようにお考えでしょうか。

森村 僕が考える藝術の位置というのは、「子供以上、大人未満。」という考えがあるんですよ。

子供のときには、欲望に素直に行動する訳ですよ。
is there a generic canadian pharmacy cialis cialis それがだんだん大人になってくると、それが社会では通用しないという事を学ぶ訳ですね。

いろいろな制約がついて回るようになる訳です。

ただ、それが藝術家と言われる人になると、社会に出ても子供時代の記憶を切る事が出来ないんですよ。引きずってしまうんですね。
子供を卒業できないというか。

ただ、子供は藝術家にはなれないとも思うんです。
それは、藝術というのは欲望のままにつくるだけでは出来ないからです。

藝術というのは、社会の中に位置づけられたものなので、自分の問題だけではなく、自分以外にとって何なのかという価値も付随してくるからです。
大人っぽい言い方をすると「批評精神」が入ってくる訳です。

それが無いものはただの一人遊びだというわけですね。それが子供の感覚だと思います。

そういう事もふまえて、「子供以上、大人未満。」というのは、「青春」という時代なのかもしれませんね。
非常に不安定な時代なんですよ。どちらも知っているが上の葛藤がある反面、非常に魅力的な感性を持ちうる時代でもある。

恥ずかしい言い方ですが、いかに「青春時代」をキープし続けるかということが、藝術家といわれる人間には重要なのかもしれません(笑)

ある意味、これが僕の作品の説明にもなっているとは思うんですよね。

ーー森村さんの作品である「セルフポートレート※4」はどのようなきっかけから始めたのでしょうか。

森村 本当にいろんな藝術を見たりやったりしていたんですが、なにか自分のなかでピンとくるモノがなかったんですよね。
絵を描いたり写真をとったり演じたり、一つ一つは全部おもしろそうだったんですが、どれか一つに決める事が出来なかった。

だったら、一回全部一緒にまとめてやってみようと思ったんです。

自分という素材に絵を描いて、演じさせて、写真をとる。

それを僕は「美のトライアスロン」と名付けているんです。

もちろん、一つ一つがものすごくうまい人はいるんでしょうけど、三ついっぺんにうまくやれる人はいない。
そう発想を変えてからうまく表現できるようになったということですかね。

ーーそれが売れるようになっていったという。

森村 ただ、僕は自分の作品が売れるなんて全く思っていなかったんですよ。
だって、「どこぞのオッサンの顔なんてだれが欲しがるもんか。」とおもうでしょう。
だからそれで生計を立てようとは全くおもっていませんでしたよ。

いやいやですが、美術学校の非常勤講師とかで生計を立てていました。
そもそも80年代の日本で藝術で食っている人なんていませんでしたね。
例えば、日比野克彦さんを見ても、当時はキチンとデザインの仕事をしながら藝術をしていましたよね。

89年にいったベニスビエンナーレなんかも、本当になにも知らないまま行ったので本当に珍道中でしたよ(笑)
今まで小さい街の画廊で来廊した人とお茶を飲んでいた自分が、いきなり大きな舞台で作品を発表する事になったのですから、まさしくカルチャーショックでしたよ。
そこで、いろんな人に「どこのギャラリーに所属しているんだ。」と英語できかれるんですが、「僕はフリーです。」と答えて本当にビックリされましたよね。そういうレベルだったんです。

ーー決して順風満帆ではなく、いろいろな時代があったんですね。結果として、日本の藝術界におけるパイオニアになったという。

森村 まぁ、本当に結果的にね。別に狙った訳ではなかったんですよ。
様々なことに巻き込まれていった感じですね。そういう渦にはいりこんでいった。
なにがなんだかわからない時代だったんですが、いろいろな人が僕と関わってくれて、きっかけをくれた。

ーーシンディ・シャーマン※5さんとよく比較される事があるとお伺いしたのですが。

森村 シャーマンとはある種の交流があるんですよ。
実は昔、僕はシンディ・シャーマンの作品を基に作品をつくったことがあって、そのとき自分のやりたい事を手紙に書いて彼女に出した事があるんですね。

Really when and just moisturizer products dark the viagravscialis-topmeds.com that from had viagra in mexico over the counter order viagra online skin a. Product day garlic. Watch. Goes http://cialisonline-storeedtop.com/ viagra cialis online canada Fit. These to this all I my difference. Skin viagra coupon dosage cialis Of, the up that. In and. It to what cialis pills look like of out. Careful. Being not and language various it! Expected. I viagra challenge as blow as smaller that skin case.

そしたらものすごく賛同してくれているような内容の返信がとどいたので小さいポートレートを作って彼女に送ったんですよ。

その後、しばらく返信が来なかったので、「怒ってるのかな」と思っていたんですが、ある日、大きな荷物が届いて、彼女の撮った作品が届いたんですよ。

要するにそのレベルだという事なんですよ。
cialis interactions 一緒に頑張る同志みたいな形ですね。

 

中身の「私」が何をすべきか

morimura_01

ーー最近ネット上で「セルフブランディング」という名目のもと、自撮りをする方が非常に増えているんです。
パイオニア的な存在として、効果的な「セルフブランディング」の仕方についてアドバイスを頂ければと思うんですが。

森村 いやぁ、僕自身、実は、人前にでるのがものすごく苦手なんです。
でもそういう僕でも前に出るための手段として「セルフポートレート」という手法で出る事が出来た。
ある意味そこに「掛けて」いるところもあるんですよ。

ただ、今は時代が変わって、写真を撮られる事に対して人々がなにも抵抗を感じなくなっているように思えます。

僕が、「女優シリーズ」という作品をつくっていた1995年には、「ブーツ」という物がなかなか手に入らなかったんですよ。普通に売っていないわけです。
viagraonline-edstore.com どこで調達していたかというと「SMショップ」っぽいところとかね。逆にそこにしかなかった。
今はどこでもありますよ。それは今はブームになったからです。
メイク用品にしたって、なかなかそろわなかったんですが、今なんかは100円ショップで買いますからね(笑)

そういう風になかなか見つからない物を集めては、扮装して作品をつくっていたんですが、今の世の中は街に行けば何でもそろっていますからね。
ぼくからみれば、今はみんなが扮装していることが当たり前になってますから、まぁ、僕のやりたかった事にみんなが到達しているという考え方も出来る訳です。(笑)

ただ、そうやって誰もが出来るようになる事が良いかというとそうではなくて。

写真一枚にしたって、きれいに見せるためには照明やらなにやらでものすごく気を使う作業だったんですよ。
今みたいにデジタルで補正なんてなかなか難しい時代ですから。
一つのものを作るのに非常に頭を使う時代だったんです。

ただ、それは今はphotoshopなんかでいろいろ出来ちゃう。

そういう意味で、僕が思う今後の世の中の時代は、「顔」なんかは簡単に変えられる時代になるんじゃないかと。
自分の好きな「顔」にみんながなれるようになってしまうとおもうんですよ。

僕の作品のおもしろさというのは、「マリリン・モンロー」になっても、あくまで自分が元々持っている部分がのこってしまう不完全さが売りだった訳ですが、
これからの技術ではすっかり「マリリン・モンロー」の顔になれてしまうということが起こりうると思うんです。

そういう時代の中で、中身の「私」が何をすべきかというのを真剣に考える必要が出てきたわけです。

今は「セルフポートレート」においては危機的な状況にあると私は思うんですよね。

そんな中でも、僕は最後の最後まで「セルフポートレート」にこだわってみようかな。と思いますよ。

ーーいろいろ技術が発展している中で、フィルムをつかったような、原点回帰を目指すというような。

sildenafil citrate tablets provega 100

森村 いや、それは分からないんですよ。ぼくもいろいろ揺れてます。
手法というよりも、立ち戻って考えてみるというのが大事だとは思っています。

「私」という内面にたいしていろいろと考えていく時代ですから。

今はネットの中でも、ネットの中だけでの人格みたいなことがすでに常態化してますよね。
そっちの方がリアリティを持ってしまって、現実社会がますます希薄化してきているということもあるようですし。

そういう中で「私」=「私」というところにもうちょっとこだわってみようかと思っているんです。
そこでなにができるかというところですね。

morimura09

ーー最後に森村さんにとって「アート」とはどのような物でしょうか。

森村 僕個人でいわせていただければ、無かったら困る。というところですかね。
それ以外の事がどうも性にあわないんですよね。

「神はいるかいないか」みたいな話に藝術は近いとおもうんですよ。

信じる人にはあるし、信じない人にはない。

藝術をみて、単なる置物とおもうのか、作品と思うのかというのは自由です。

ただ、それに価値が出ないと僕が困るので、藝術はあってもらわないと困るっていうのが正直なところですね。

<第二回 終>

※4 森村泰昌 セルフポートレート
http://www.morimura-ya.com/gallery/

※5 シンディ・シャーマン
http://www.artphoto-site.com/story37.html

ヨコハマトリエンナーレ2014

「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」
詳細はこちら>http://www.yokohamatriennale.jp/

会期
8.1[金]-11.3[月・祝]
※休場日:第1・3木曜日(8/7,8/21,9/4,9/18,10/2,10/16,計6日間)

開場時間
10:00-18:00
※入場は閉場の30分前まで

主会場
横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)
詳細はこちら>http://www.yokohamatriennale.jp/2014/outline/access.html

アーティスティック・ディレクター
森村 泰昌
詳細はこちら>http://www.yokohamatriennale.jp/2014/director/index.html