“海外では日本と言えば「わび・さび・禅」だけがありがたがられるわけですよ。”


心の内にある深山幽谷の大自然に思惟思索を巡らし、悟りを開く。


という世界観は、「おとなしく我慢強い」日本人を海外の人に連想させるのにぴったりですが、

ところがどっこいそうじゃない日本人だってたくさんいるんです。


まつげを過剰に盛る女子高生や、全身ヒョウ柄の大阪のおばちゃん。

刺繍だらけの特攻服を着こなすヤンキーに、立派な彫り物の入った任侠者。


必要以上に奇声をあげて飛び跳ねているキャラクターがもてはやされ、

金のしゃちほこ付の派手な城が大事に保管されているような国でもある。


そんな日本人の「過剰」な部分。

これにだって当然目が向けられても良いはずなんです。


日本美術を、「BASARA」というコンセプトをもって検証し直すのが美術家「天明屋尚」さん。

既成の考え方を疑い、日本の美術を広く検証し、漏れている部分を掘り下げる「ネオ日本画」で、日本の美術史を修正されています。


先月から、

『「芸術の秋だ!10月は天明屋尚月間!」~天明屋の天にちなんで、10月に10種類の様々なことを一斉展開致します!~』

と銘打って、積極的に活動中。


ミヅマアートギャラリーで10月22日~11月22日まで天明屋尚「韻 Ⅱ」展も開催しています。


「武闘派」絵師の「既成の日本美術」に対する鮮烈な闘いを、とくとご覧あれ!

天明屋 尚

レコード会社でアートディレクターとして勤務後、現代美術家としての活動を開始。日本画と現代風俗を絶妙に取り入れた“ネオ日本画”を標榜し、絵筆で闘う“武闘派”を名乗る。2009年に侘び・寂び・禅の対極にあり、華美(過美)で覇格(破格)な美の系譜を“BASARA”として提唱。書籍の刊行と共にBASARA展(2010)を開催するなど国内外で精力的に活動。

日本美術に対する一般における認識の修正作業

tenmyoya_08

 

ーー天明屋さんの作品は全体を通して男性的な強さを感じますが、自分の中にある男性像のようなものがあればお教えいただきたいのですが。

 

天明屋

やはり、先程言った「婆娑羅大名」のようなものがそれに当たるのかもしれません。また、一騎当千のように一騎で千人の敵に対抗できるほど強い男のイメージもあります。

 

ーー作中にもそれはイメージして描いているという形でしょうか。

 

天明屋 そうですね。僕の場合は、絵筆で闘う“武闘派”というような事も言ってますし、やはり武者気質なモチーフはよく作中に出てきます。

 

ーーその「闘う」理由とは何でしょうか。
tenmyoya_10
天明屋 一つだけあげれば、海外に日本の「わびさび」以外の文化を知ってもらいたいという点ですかね。例えば、世界的に有名な建築家で「ブルーノ・タウト」という建築家がおりましたが、

 

日本の建築では、わびさび的簡素な「桂離宮」をホンモノ、華美で破格な「日光東照宮」をイカモノ。
と言って切り捨てました。

それから約80年も経っているわけですから、そんな発言に左右される必要ももうないでしょう。僕は、日光東照宮は、素晴らしい彫刻技術を駆使した建築物だと思っていますし。

結局海外では、「わび・さび・禅」だけが一人歩きしてしまっているので、もう一方の「BASARA」を僕が広めるための作業をしなくてはならない。

そういう意味では、日本美術に対する一般における認識の修正作業を僕が行っているという形ですかね。

 

ーー「強さ」の表現について、主に聞いてきましたが、天明屋さんが考える「弱さ」はどのような物でしょうか。

 

天明屋 今回出版した「天明屋尚作品集 Masterpiece」に寄稿していただいている椹木さんの言葉を借りて言えば、

 

「白い肌の弱さを表現したいんじゃないか」

 

という様な事が描かれていたんですよね。確かに僕の作品では、甲冑を描く事もありますが、それとは逆に、肌を見せている作品も多い。

そういう意味では強さばかりを強調している訳でもなく、人間の弱さも同時に表現している。

アートとは、「生き方」

tenmyoya_09

 

ーー私たち、ARTYOURSはインターネットで美術情報を配信している訳ですが、インターネットと美術の関係に関してどのようにお考えでしょうか。

 

天明屋 インターネットは情報を発信するのにこれから積極的に利用すべきであると考えています。例えば、facebook一つとっても展覧会情報を流すとシェアなどで拡散し、いろいろ繋がって行くことも目の当たりにしていますし。
昔は、紙のDMを郵送するような形でしか情報を発信できなかったわけですが、現代ではネットを有効に活用して行く必要はある。
ただ、インターネットはあくまで、入り口としてですが。やはり作品を生で実際に見てもらって、モニター上では味わえない大きさや質感を体感して欲しい。何でも「生」が一番ですよ。一方で「BASARA」的な考え方で言えば、作品中にデジタルという新しい素材を入れて行きたいと思案中です。カスタマイズして自分の作品に取りこんで行きたい。

 

ーー最後に、天明屋さんにとってアートとはどのようなものでしょうか。
tenmyoya_11

 



天明屋
 僕そのものでもあり、無くては生きて行けないもの。「生き方」ですかね。
<第二回 終>

 

協力:Mizuma Art Gallery
天明屋の天(てん)にちなんで、10月に10種類の様々なことを一斉展開
※1 Garden of Unearthly Delights | Works by Ikeda, Tenmyouya & Teamlab