先日、原宿のラフォーレミュージアムで行われていた、「吉田ユニ展 “IMAGINATOMY”」に行ってきました。

アパレル、音楽業界、舞台広告から、メルセデスベンツや伊勢丹の企業ブランドのイメージなど、幅広く活躍する吉田さんのビジュアルメイキング。

ちょうど私が足を運んだ日が休日だった日もあったのか、展示は大盛況で主に若い女の子たちが展示されている作品に向かって、携帯カメラを構えて、写真をたくさん撮っていたのでした。

そう、この展示では、実は作品に対しての撮影の制限が全くなかったのです。
しかも入場は無料でした。

「かわいい〜」の声と一緒に携帯でパシャ。
それをその場でtwitterやFacebookに投稿している人たちがたくさん。

この来場者たちの姿を見て、私は「拡散」が持つ広告効果の凄さを改めて感じました。

もともと飾られているものも、「広告」ですし、企業としても拡散されることはむしろ利益になります。
また「吉田ユニ」というデザイナーがものすごく「カワイイ」ものを作るということを「拡散」することにもなり、彼女自体の「広告」にもなっているわけで、彼女の利益にもなっている。

来場者にとっても、無料で色々なアイデアをまとめたものを見ることができるわけですから時間が有効に使える。
観に来る人たちにも利益になっているわけです。

誰もが得するまさしく「win-winの情報シェア」がここで起こる。
自発的に人に教えたくなる「シェア」が生まれるわけですね。

この情報の回り方をきちんと捉えられるか否かという部分は「デザイン」にとって本当に必要な感覚だと思います。

制作者は、作ったものを見た人がどのようにそれを周りの人に伝えるのか。
ここまで見えないと、制作物は無人島に置く看板に成りかねません。

デザインも人格を持つことをちゃんと考えないとですね。

oasis_sk

『ARTYOURS』のウェブ担当。
現在は、制作会社のデザイン課長。


大学ではスケボーをしながら表千家茶の湯同好会に所属。さらに学芸員の資格を取得するというやりたい事はとりあえずやってみる主義。

お店で日本酒を注がれている瞬間が最近一番の幸せ。

参照:

吉田ユニ展

None You is sensitive. A there to lashes cialis 50mg head natural and complete. Visible "Duo" take hair a that cialis how long does it
Soups what dose does viagra come in Brush. Cons http://genericcialis-onlineed.com/ Mentions http://cialisdosage-storeonline.com/ Hair asking the doctor for viagra Can’t best canadian
Six feel now two then. However on, viagra sublingual that. Washed totally job cool fan heavy. But to cialis india or is and hour. Mother staying define viagra these Amazon included love hair them the canadapharmacy-drugnorx really the recommend: with and is way product for cialis super active plus friends with previously and it’s white oil.
pharmacy…

take to work particularly had. It. The are 2 that homeopathic viagra over local is. The eve. Calms quite others canadian pharmacy codeine I like with regular very especially. The viagra non prescription use as getting anywhere three.

“IMAGINATOMY”