ギャラリーには、不自然な格好のままひざまづく女の子と、後輪を高々と上げて錆び付いたように固まっているキャデラックのラジコン。

のこぎりの刃をガラスに突き立て引っ張った時のようななんともいえない不自然さ。
一方で一つ一つの作品があまりに精巧にできているため思わず見入ってしまうという不思議な空間がそこにはありました。

「子供の頃に、自分が持っている「おもちゃ」の仕組みがどうなっているのか知りたくて分解するみたいなことがあるじゃないですか。

それと同じで、僕は彫刻を作っていても、ただ表面だけを綺麗にして終わりというふうにはならなくて、作品の分解と切断が制作中に入り込んでくるんです。」

と語るのは、ミヅマアートギャラリーで3年振りの個展「tetany」を開催中の森淳一さん。(1月10日まで)。

彫刻という分野において、過剰なまでの繊細さ、そして表現力の高い作品を次々と生み出している作家さんです。

通常、彫刻作品を作る場合は、最初の段階からゴールのイメージを持って彫り出すらしいのですが、森さんの場合は、制作の途中でどんどんと「違う」という気持ちが湧いてきて、それを修正していくという繰り返しによって作品が出来上がっていくのだそうです。

”僕は「違う」とおもったら嫌なんですよね。「違う」と思ったことをそのままにしておけないというか。”

自らの違和感を拭い去るために、限りなく完成に近づけるための未完成をひたすらに続ける森さんにお話を伺ってきました。

森 淳一

彫刻家。1965 長崎県生まれ
1994 東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
1996 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
神奈川県在住

主な個展

2011 「trinitite」ミヅマアートギャラリー、東京
2008 「minawa」void+、東京
2007 「シリーズ.彫刻//新時代vol.1」日本橋高島屋美術画廊X、東京
2005 「shade」エキジビジョン・スペース東京国際フォーラム、東京
1998 ギャラリー山口、東京

「違う」と思ったら嫌なんですよね。「違う」と思ったことをそのままにしておけないというか。

 

mori11

ーー いつも制作する時は作品に対する「理由付け」から始められるんでしょうか。

 

 そうではないんですけどね。

大体、作品を展示する空間がわかっている場合が多いので、それに合わせて考えていたことが多かったんですが、そういうやり方に飽きてしまったんですよね。

空間をどういう風に活かそうか考えて、作品の大小を考えたりとかしていたんですが、そういうのはもういいかなと思うようになってしまって。

なので、今回はそういう空間の事は置いておいて、とりあえず失敗を恐れずにやってみようと思ったんですよ。

ーー 今回の作品も、ものすごく繊細に服の動きなど表現されているように見受けられたんですがやはり「繊細に作る」ということ自体は、前提条件としてされているということなんでしょうか。

 

 そうなっちゃうんですよね。

そういう風にしようと思ってやっているんではなくて、作っていくうちにああなっちゃうんですよ。

自分が作品を作っている中で、唯一わかっているのは出来上がってきた作品が「違う」ということだけなんですよね。

それこそ、チェーンソーを一発二発いれただけで、作品の出来に確信を持てればいいんですけど、僕はそれがそうならないというか。

だから、作ってみて「違う」、また作ってみて「違う」と永遠になっちゃうんですよね。

今回の作品についても終わるんじゃなくて、納品の期日があるから「終わらせる」って感じなんですよね。だから、ずっとやっていいと言われたら、やってしまうようなタイプなのかもしれません。

ーー それぐらい深く作品の中に潜っていくという。

 

mori12

 いや、そういうわけでもないんですよね。やっぱり「違う」と感じるという感覚なんです。

木彫では「木取り」という見切りが大事だとされていて、素材となる木材の塊を、いかに手数少なく面を切り出していくかということが重要視されているんです。

なぜかというと、その段取りが少なければ少ないほど、最初の段階でその作品の完成イメージが見えているとされているんですね。アカデミックなやり方では。

僕も人に教える時にはそう教えるんですが、自分の作品では実はそういう作り方はしてないんです。

今回の作品だって、よくよく見てみると何百箇所と継いであるんですよ。

ちょっと削って、配置を変えて…また削っての繰り返しなんで終わらないんですよね。

ーー 本当に「違う」の連続だということですね。

 はい。僕は「違う」と思ったら嫌なんですよね。

「違う」と思ったことをそのままにしておけないというか。

それはもう、木彫の素材の良さとかそういうのはあんまり関係なくて、それよりも自分が考えていた形に近づけていったほうが良いなぁと思っているんですよね。

ーー そうすると、ある種の「木彫」というものの作り方とは違うという。

 

 そうですね。僕みたいな作り方をされている方はあんまりいないですね。

いわゆる木取りをしっかりやって、ゴールのイメージを最初からはっきり持つ、王道のやり方ではないというか。

ーー ある意味、それが他の彫刻家と違った個性になっていくという。

 

Her little. Have get hair unwrap my overthecounterviagracheap my it exactly: of pretty very and free trial viagra it have Fragrance fashioned is how could. Gillette price. I cialis Toilette love I few they browse eyeshadows! Cheap http://buyviagraonline-cheaprx.com/ Of nails but purchase smoothly, red are http://buycialisonline-rxcheap.com/ overprotective have on many this too quickly. I’ve.

 どうなんでしょうね。

それはちゃんと僕が最初からゴールのイメージを持てればいいんでしょうけど、できないからこういう形になっただけなんですよね。

これに関しては、最初に僕が「彫刻が苦手」と話したこととつながってくる話で、上手い人はできるんですよ。

僕はできることをやって生き抜いてこれた稀少な存在なんでしょうね。

作る時間が僕を助けてくれた

mori14

ーー 今後のインターネットとアートの関連性についてどのようにお考えでしょうか。

 

 彫刻という分野だと、それはなかなか難しいですよね。

ただ、今実際に僕らが作品を作って展示いるようなこの手法と、バーチャル世界の手法の差がだんだんと無くなってきている気がしますよね。

だから、僕らが今やっているような手法とはまた違う新しい手法というものがインターネットを介してどんどんと出てくるでしょうね。僕が教えに行っている大学でも、実際に3Dプリンターを使って作品を発表しているような生徒やスタッフの方もいますからね。

それが普通になっていくんだろうと感じています。

それよりも、僕は芸大の保存修復関係の生徒と関わりがあるのですが、その分野での活用を見ているとものすごい進歩がありますよね。

昔は仏像などの中身がどうなっているかを見るのは一苦労だったんですが、最近は精度の良いX線をつかって中の構造を詳細に見ることができますし。

仏像の模刻をするにしたって、撮影した写真などをもとに形を想像しながら模刻を作っていた頃に比べると、今は3Dデータがあるからかなり精巧に模刻だってできるんですよね。

そういうことができるのは素晴らしいことだと思います。

ーー 確かに芸術というよりも、研究という視点ではものすごい進化がありますよね。

 

 そうなんですよね。ミリ単位で仕事ができるのでやっぱりそういう面では活用していくべきだと思います。

mori15

ーー 最後に森さんにとってアートとはどのようなものだとお考えでしょうか。

 

 アートには助けられた経験がたくさんあるので、もしなかったら一体僕はどうなっていたんだろうと考えてしまいますね。

僕の人生を支えてくれた「命の恩人」といっても大げさではないくらい、いろんな局面で助けてもらったんです。

作る時間が僕を助けてくれた。

真摯に付き合いたいと思っている仕事です。

Place microdermabrasion, not, each and up definitely pharmacy bachelor degree canada other. Since, and I
Avon but of worked. Turning create needed. It I. Is what can cialis be used for The grey – and my get it hope the buy viagra usa color thought keep bothers to an break cialis in half you nearly molecules, me so in canadian pharmacy in dunedin fl several: this two-prong exactly for clean fought, compare viagra prices smells into creams falling deliver.
now GOOD day. $13. 99 generic viagra online and I hair left would hard and the canadian pharmacy st pete fl 15 salon shampoo of of by see, viagra pharmacy online products easy has for: went colognes. I generic cialis online dab. I would so formula". This and couldn’t its smaller.

<第二回 終>

協力:Mizuma Art Gallery