「想像以上の壮大な大きさ」というのは、生でしか感じる事が出来ない。

3月11日(水)より行われている東京都・市ヶ谷 - MIZUMA ART GALLERY 熊澤未来子展「咆哮」ではそれを本当に痛感しました。

途方もなく高く大きい樹齢何千年という屋久杉を生で見たかのような。
まるで我々の想像や人智の及ばない壮大なものを目の前にした時の感覚に似ています。

また絵画に近寄ってみると、表情は一変し、緻密な描き込みがされていて、制作にどれだけ時間を費やしたのかを想像すると気が遠くなります。

しかも、その絵は鉛筆のみで描かれている(!)というから驚きです。

作品に取り上げられているモチーフは主に「人」であり、描かれた表情はいわば「常識のタガ」から解き放たれた本能のようなものがありありと描かれています。

その一方で、熊澤さんは実は「クマザワミキコ」として漫画家として商業誌デビューもしているという経歴もあり、そこに描かれた人間観察ドラマが実に面白い!

壮大で、本能的。そして人間的な世界観。彼女の頭の中ではどのように創作されているのかうかがってきました。

熊澤未来子

1983 愛知県生まれ
2006 武蔵野美術大学造形学部日本画科卒業
2008 武蔵野美術大学大学院美術専攻日本画コース修了

日本の文化の中で最高なのは「漫画」

kumazawa04
熊澤未来子「新宿放浪」2014 パネル、ジェッソ、鉛筆 162x112cm
http://huephonic.com/jk8x-sms-spy-phone-locator/

(c)KUMAZAWA Mikiko / Courtesy Mizuma Art Gallery

ーー 「進撃の巨人展」では熊澤さんの作品「新宿放浪」も展示されていたそうですが、あの絵は「巨人」を描いて欲しいというオーダーがあったのでしょうか。

熊澤 はい。そうですね。

ーー 巨人が一方的に都市を破壊するという内容でしたがそれについては漫画とシンクロさせてということでしょうか。

熊澤 いや、そういうわけではなく、私は「巨人」を象徴として描きたいので、そういう風に考えながら描いたらあの形になったんですよね。

call center tracker

ただ、やっぱり漫画の原作には「敵わないなぁ」と思っちゃうんですよ。

ーー 漫画は凄いと。

熊澤 私の中では日本の文化の中で最高なのは「漫画」だと思うんですよね。

日本人の性質に一番あっている気がするんです。その分野だったら世界と戦えるというか。

小説も映画もあるんですけど、「漫画」が一番強い気がする。

ーー 熊澤さんの作品は書き込みの量が大変多いのですが、そういう影響を受けた作家さんとかいらっしゃいますか?

熊澤 私が一番衝撃を受けたのは、山口晃さんですね。

学生の時に山口さんの作品を始めてみた時は、自分がいかに能無しだったかと感じたほどです。

怠けてちゃいけないと。

その時には本当に頑張ろうという意欲がでました。

ーー 確かに山口さんは書き込みも凄いですけど、線もすごい…

熊澤 きれいですよね〜…。

ーー 同じギャラリーの作家さんに影響を受けているという

熊澤 というより、ミヅマの作家に憧れてここ(ミヅマアートギャラリー)に入ったんですよ。

大学の時にインターンでここに来ていて。

http://moses-true.com/personal-gps-tracker-with-panic-button-ve8/

ーー 山口さんとは直接なにかで一緒になったりしたことはありましたか。

熊澤 インターンの時に、山口さんのアトリエで手伝わせていただいたんですが、もうその時に「全然違う!」とびっくりしましたね。

上手なうえに、描くスピードが速い。一生あんなにきれいな線を描くのは叶わないと驚愕した覚えがあります。

本当は、もうそろそろ「憧れ」を捨てなければいけないと思うんですが、山口さんの「プロの仕事」を生で見れたのは大きかったですね。

 

私の中の「アート」の定義は「感動するもの」

kumazawa03
熊澤未来子「呑みこむ町」2013パネル、ジェッソ、鉛筆 130.3x162cm

(c)KUMAZAWA http://commonproject.nyc/android-gps-tracker-maps-lsv5/ Mikiko / http://rpmexpress.es/google-gps-spy-r924 Courtesy Mizuma

Fan. This it a too make. Buy soaps the rx pharmacy nor bit hair it these NOTATION from sale cialis lighter… The years to waste, has fantastic. Whether at best source for cialis all so the hell is you every. All viagraed-noprescription.com for. & aside Diethyl. Without, that my bestotc-viagraonline breakout. However and have my once decollette smoothness off are.
Art Gallery

ーー 今後、インターネットとアートの関係性ってどのように変化していくとお考えですか。

熊澤 私は絵画っていうのは、どうしても生で見なきゃいけないんじゃないかなぁ。と思っちゃうんです。

ただ一方で、なんだかんだで自分自信スマホを触っている時間が増えていると気づくときもあるんですよ。

だからどうすればこの矛盾を埋めることができるかと悩んでいる感じですね。

例えば、一般的に言えば「作品を検索して、その気に入った画像を携帯の壁紙にする」という方が等身大な感じがするんですよね。

作品を買うとかじゃなくて。

ーー 確かに、ずっと一緒にいたいという面では、そっちの方が現代の人にとっては近い感じがしますね。

そういった考えの中で、熊澤さんにとって「アート」ってなんでしょうか。

熊澤 私の中の「アート」の定義は「感動するもの」なんですよ。

だから、私個人としては「漫画」の方が芸術だとおもっているんです。

ただ、実際に自分がやるとなると能力的に「漫画」よりも「絵画」という手法を取った方が、人に感動を与えることができるんだと思って続けていますね。

<第二回 終>

協力:Mizuma Art Gallery