2013年10月より群馬県館林美術館で「山口晃展 画業ほぼ総覧-お絵描きから現在まで」が始まりました。
山口さんの幼い頃の「お絵描き」から、現在の精巧かつ洒落が効いた作品にいたるまでが一気に見れてしまうという豪華な展示になっています。

「なにやら…おかしい。」と思わせる山口さんの画には、絶妙な間合いがそこかしこに存在しています。

そのようなバランス感覚を養うために、世の中の出来事をどのような形でとらえているのか。
全三回に分けてお送りいたします。


第二回目のお題は「インターネットとアートの間合い」
ネットの世界で、山口さんの考える芸術とはどのような物なのか。
そこにはやはり「絵師」だけでとどまらない
山口さんのクリエイターとしてのたくらみがどんどん出てきました。

また、消費されては消えてゆくスパンが短い現在の世の中で、
いかにして長く愛される物を作れるか、
その秘訣を聞いてきました。

広告関係者の方、要チェックです。

山口 晃

1969年東京生まれ。
群馬県桐生市に育つ。
東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。2007年上野の森美術館「アートで候。会田誠 山口晃展」、2008年アサヒビール大山崎山荘美術館で「さて、大山崎-山口晃展」開催。同年秋から五木寛之による新聞小説『親鸞』の挿絵を担当。2012年メゾンエルメス(銀座)で「望郷/山口晃-TOKIORE(I)MIX」開催。同年11月平等院養林庵書院に襖絵を奉納。同月より「山口晃展 老若男女ご覧あれ」を、美術館「えき」KYOTO、そごう美術館、新潟市美術館で開催。近著に『ヘンな日本美術史』(祥伝社)、『山口晃 大画面作品集』(青幻舎)。

インターネットとアートの間合い

ーーこれから、山口さんがインターネットを使って自分を表現するとしたら、どのように使おうとおもっていますか。

山口 使うも何もどちらかと言えばITに乗り遅れた情報弱者ですからね、僕は。その上で言うとそうですね、まずはネット以外でつくった作品をそのままそれをインターネットに載せるという方法は取らないでしょうね。

ーーほぉ。

山口 実際の作品は、実物を生で見て一番いいようにつくるんです。で、それを本にするとしたら一番印刷の見栄えがいいように色なんかも実物と変えていくんです。

私の作品なんかは結構淡い色使いが多くて、そのまま印刷すると、スカスカになっちゃうんですね。
でも、実物の作品は、紙の目だったり絵具の粒子だったりと、いろいろと眼に引っかかる物が多いんです。

同じ茶色でも、黒の上に赤い色をのせていく茶色もあるわけで、それをオフセット印刷なんかで一層でバンと刷ってしまうと、もうそれは別物になってしまうわけです。さらにそれをインターネットに載せるとなるとまた、これは違う訳で。

ーーなるほど。 

山口 インターネットでやるとしたら、「いたずら」ですかね。

ーーいたずらとは、、

山口 何でしょうね、うーん例えば、「山口晃大集合」みたいなものですとか。

世の中には同姓同名の「山口晃」さんがいるわけですよ。
その人達の特徴をこの検索機能かなんかで上手い事あわせちゃってですね。
顔はこの人、職業はこの人、性格はこの人…というように…。

現実の情報から、架空のものすごい職能の「スーパー山口晃」という人格を作っていくような事ですかね。しかもそれがいろいろな形で出来るとか。

ーー(笑)

山口 というようにですね。これをつかって少しずらすというか。
本当にいるかどうか疑わしいからこそ思いっきり重ねましょうよ。
というのが今思いついたことですけど。

ーーおもしろいですね。

山口 そんな感じで、そのメディアに最適の方法で行うというのが、”お芸術“としてはスマートといいますか。
またそのスマートの反対で、なぜこれをわざわざこのメディアでやるんですかって言うのもあるわけですね。
そのメディアで一番やりやすい事をやるというのは、「普通」なんですね。一番やりにくい事をやるだけで、そこに意味が発生してきて。

「手で描いた方が早いじゃない」っていうような物をいちいち印刷したり、その逆もそうですし。

「なにやら…おかしい」の魅力

ーー それでは、たとえば、生で見るのとネット上で見るという事の、差を知ってもらう事が芸術家の仕事でもあるのでしょうか。

山口 うーん。それはちょっとそうではない感じがするんですが、例えばネット上でみても現実で見ても同じように感じる時に生まれる何かという物もある訳で。

ーー といいますと。

山口 例えば、ネットじゃないんですけど、「写真を、写真に撮った時の奇妙さ」というのがあるんですよね。そういうのを以前作った事があるんですけど、自分の手を撮った写真にさらに自分の手を重ねて撮ってみるんですね。
陰影はもう、いっしょですから見た目、自分の右手同士が重なって見える訳です。

ーーはい。

山口 ただ何が違うかというと、「時間」が違うわけです。
そういった所で、「過去の自分との折り合い」とかそういう意味合いがでてくるわけです。

そういうのは、質感が見分けにくい、「わかりづらい」からこそ出来るという手法でありますので、それを「どうやったら本物の手にみえるか」なんていうのに腐心しだすと、その持っているメディアの不自由さばかり露呈してしまう訳です。

「何かが出来ないというのは、『その何かが出来ない』を出来る」という目を持って作っているわけです。

ーーなるほど。では、山口さんは作品の中でどのような表現を心がけていますか。


sub2 山口 ん?なんでしょうね…。僕の絵というのは、割と物質的によらない、たとえば、「橋だ」「山だ」「車だ」というような図像的なものが多いですから。

それが、「ざらざらした紙だ」とか「黄色い絵の具だ」という事にはあんまり目がいかないような作風なんですね。

で、そういう時に「ざらざら」しているのを伝えるのが大事かというと、まぁそれは実際に作品を見に行った時に副次的にみえてくればいいといったところでもあって。
また副次的であるという事で、そこに「人為」を感じられない良さがある。

ーー人為…。

山口 飽きる飽きないの話しでいいいますと、「人為」っていうのは割と飽きやすい物なんですね。一通り見てしまって「知ってる知ってる」の後に飽きやすいんですけれども、ただ、「人為」ですから「見えやすい」っていうのはあるんですよね。

それが、「人為でない」もの、例えばテクスチャーですね。目を留めてみないとまず「見えてこない」物なんですね。
やっぱり自然の景色に飽きがこないのも、テクスチャーの豊富さがあるとか、そういう「人為でない」物には飽きがこない。

茶器なんて形はありますけどテクスチャーの固まりで、あれは本当に飽きないんですね。
陶工がひねるんですが、それが釜に入って一度火を通しちゃうと、陶工だって予想の突かないような釉薬の垂れ方だったりとか、ヒビの割れ方だったりとか、それが土ですから、まぁいい風合がつくわけですよ。
本当にああいうの作られちゃうと、あぁ、もう絵を描くのよそうかなぁなんて思っちゃうわけで…。(笑)

ーー(笑)作品の中に、意図的に「人為でない」ものを表現しようと思われた事はありますか?

山口 僕の絵の場合は「最低限」やっているという所ですかね。「飽きがこない」というのは「退屈さ」と似ているような所もあって、案配次第で、単に退屈なものになってしまう。
そればっかりやっていると飽きてしまう。

ただ、バーンと大きな刺激を与える作品というのは逆に沈静化させる作用も大きいので、それもまた非常に寿命の短い作品になってしまう。

ーーじわじわ人気が出る作品が寿命が長いということですかね。

山口 人気というよりは、見ていて「なにやら…おかしい。」
という感じがいいのかもしれませんね。

ーーなにやら…おかしい。

山口 モナリザなんかその最たる作品でしょうね。
「何だろうな、この眉毛が無いニヤッとしてる女の人は。」というような。

ーー ええ、ええ。

山口 それに比べるとカラバッジョは、首がズバッ!で、血がブシャーッ!とか、なっていて「うわぁっ」となるんですけど、
「……うん。はい。」
というような感じでだんだん落ち着いてくる。

ただ、彼の作品は、それよりも実は光の表現だったりするんですね。
血が出てるのに、だんだん落ち着いてみて見ると、「影が強い。」という所に気づいたりする。
そういう所で本当は、現実との差を計っている「絵」みたいな「絵」だなぁという驚かせ方をしている。
そういう驚かせ方が本来の芸術の驚かせ方というか。

ーー 含みのある驚かせ方というのが良いと。

山口 そこらへんが日本だとエンターテイメントとアートというのはあまり分かれてないんですが、
西洋だとそこら編は厳密にしたがる人が多い。
「面白すぎる」という事に警戒感があるんですね。

僕の作品は、やり過ぎ(笑)。アートでない海外関係者の方はよろこんでくれるんですけどね。
よく見ると、「ぞっ」とするというようなことは初期の作品では含ませてましたね。

sub3

 

山口晃さんのサイン本、当たります。

なんと、今回インタビューをさせて頂いた山口晃さんにサインを入れて頂いた本を二冊ご用意させて頂きました。

present_01 present_02

ARTYOURSだけでしか手に入らない貴重な本を、皆さんにプレゼントさせて頂こうと思っております。
応募方法は、この連載の最後に出てくる「キーワード」(第一回から第三回まで)が重要になってきますので、
キーワードを書き留めておく事をお忘れなく。

詳しい情報は、随時、facebookの方にもアップしていきますので、併せてご確認ください。
それでは、今回のキーワードを発表します。

第二回目のキーワードは「愚痴」です。

それでは、また次回お会いしましょう。

<第二回 終>

最終回の記事はこちら>http://artyours.jp/news/323/