最近の日本の夏はすべての生き物の生命力を試す季節なのではないか。
と感じるほど猛暑日が続いています。

太陽の光が、地表に生きるものを美しく、そして一方で容赦なく照らします。

そしてその力が如実に出るのがこの季節の野菜や果物。
この時期の作物は生命力をふんだんに盛り込んだ色をしています。

私の母方の実家が北海道ということもあって、毎年もぎたてのトウモロコシを拝む機会があるのですが、その色と形は食べる前から「美味い」と感じるほど。

自然が凝縮された「弾けそうな美しさ」は、口に含んだ時も格別。
こういうときは、純粋に生まれてきてよかったなんて感じるわけですね。

自然の猛暑に体力を持ってかれていると感じた時に、またそれを自然の美味しさで取り戻す。

この繰り返しができる夏という季節が本当に私は大好きなんです。

oasis_sk

『ARTYOURS』のウェブ担当。
現在は、制作会社のデザイン課長。


大学ではスケボーをしながら表千家茶の湯同好会に所属。さらに学芸員の資格を取得するというやりたい事はとりあえずやってみる主義。

最近一番気に入っているものは、蚊取り線香の匂い。