2015/09/02 〜 2015/10/03の会期で天野喜孝展が、東京都市ヶ谷にあるMIZUMA ART GALLERYで開催されています。
この展覧会のテーマは「AURUM」。ラテン語で金という意味を冠したその名前の通りギャラリーに入って飛び込んでくる雅やかな金属色。

ただ、その金は決して工業的な雰囲気はなく、作家の手仕事を感じる温かみのある金に仕上がっているように思えます。

天野さんは今回のインタビューで「第三者の影響を受けない自分の手の届く半径1メートル以内の世界を大事にしたい」ということをおっしゃっていました。
それは天野さんのキャリアでなければ発することのできない「自分らしさ」の構築方法を内包している言葉でした。

タツノコプロ〜ファイナルファンタジー〜様々な小説の挿絵等々、そのようなイメージとはちがう画家「天野喜孝」そのものに触れた今回のインタビュー。ぜひご一読ください。

天野 喜孝 ⁄ AMANO Yoshitaka

1952 静岡市生まれ
2007 映画『ユメ十夜』の第7夜の監督を担当
2001 映画『陰陽師』の衣装デザインを担当
1994 『海神別荘』の舞台美術、衣装デザインを担当
1993 映像作品『天野喜孝 ~華麗なる幻想美の世界~』発売
1992 『楊貴妃』の舞台美術を担当
1987 『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを担当
1967 アニメーション製作会社タツノコプロダクションに入社
天野嘉孝名義で『タイムボカン』等のアニメのキャラクターデザインを手掛ける

「自分らしさ」は匂いのように無意識に出てしまう

amano06
ーー 天野さんが好きだったり影響を受けた映画や漫画などありますか。

 

天野 好きなものはたくさんありますね〜。あしたのジョーとか大好きなんですよ。
ただ、好きなのと影響されるのは別物で、影響はされてないとは思うのですが…。

 

ただ、1970年代に、ポップアートが日本に入ってきた頃は、複雑な心境でしたね。

otcviagra-norxpharmacy

ちょうどぼくがヤッターマンのキャラ作りをしている時に、アメリカのサイケデリックなポップアートが入ってきている時期で。

 

ウォーホルのポスターだったりとか、ピーター・マックスの音楽ジャケットだったり、ヒッピーの文化だったり、、、すごいなぁ〜。なんて感じてましたね。
そういったポップアートに比べて自分がキャラクターを作っていることに疑問を感じたりもしてましたよ。

 

当時そういう気持ちでしたから、無意識に出ちゃうんですよね。キャラクターに70年代の雰囲気というのが勝手に出ちゃってたんです。

 

例えばガッチャマンの登場キャラが着ているTシャツに、デカデカと数字のロゴが描かれているものがあるんですけど、やっぱりそれと同じようなのを自分自身が着ていたんですよね。
ぼくが無意識に影響を受けたものが、仕事で関わったアニメーションのキャラの中で思わず出ちゃうということはあったかもしれません。だから、その頃の憧れが出てしまったということはあるのかもしれません。
ただ、どの作品を見ても僕らしさというのは出ていると人には言われます。
例えば仕事の依頼で、

viagra test

「◯◯というキャラを天野さん風に描いてください。」
という依頼がよくあるんですが、自分では意識はしてないんですが、どの絵を見ても結果的に天野風になっているらしいんです。
cialis
自分で見てもわからないんですけどね。
その人が持つ匂いみたいなものが出ているのかもしれませんね。

 

だから、今の自分を知ってもらうには、今の原画を見てもらうのが一番手っ取り早いと言うことだと思いますね。

 

日本人はどうしてもカテゴライズしたがるが、純粋に「画」として見に来て欲しい

あamano07

 

ーー これから挑戦していきたいことなどあれば教えていただきたいのですが。

 

天野 いっぱいありますね。
現在進行形で色々ととやっているんですが、自分が作った絵画や、空間や、映像など全部を組み合わせた場所を作りたいというか。例えばサグラダファミリアのような。

 

色々なメディアを一本の串で刺したようなことをやってみたいんですよね。
アートももちろんそうですし、ファッションや他の文化なども絡めたいい素材を集めて一つのものにしていきたいんですよね。それを日本だけでなく世界のレベルでやりたいですね。

http://eidos-arquitectura.com/christian-german-dating-uq

今の日本文化で代表的なものと言ったら、ゲームだったりとかアニメだったりとかすると思うんです。

ただ、僕の今回の展示は伝統文化を意識した「和」を意識してやったんです。今までは海外を中心にアルミパネルを素材として使ったような作品が多かったんですが、日本の中で「素」の自分でやってみたいという。
どうしてもよく言われるファイナルファンタジーのイメージとは関係のないようなイメージでやってみたいと思ったんです。
だから自分にとって今回はかなり新しい取り組みだったんですよ。

 

僕はアーティストとして日本では他国ほど認識されていないんですよね。どうしてもアニメとかゲームのイメージが強くて。

100 viagra slogan spainish dating site

 

例えばフランスでの評価は、すべてのメディアをひっくるめて「天野」という認識ができているんですよね。

http://brothersinarms.org/naniamo-singles-over-forty-13/

純粋に絵を楽しんでいただけるんですよね。

 

ただ日本人はどうしてもカテゴライズしたくなるというか、「海外で評価されると偉い」みたいな刷り込みもありますし。

 

だから日本ではこう言った作品は今まで発表してこなかったんですよね。逆に、今回みたいな「和」の作品を海外で発表するとどうしても日本っぽさが強く出すぎてしまうというか。
それも嫌だなぁ。とおもって、今回は日本で発表するということにしたんですよ。

 

yoshiki dating

画家の手の届く半径1メートルという距離を、原画を通して見る人と共有したい

 

ーー そういう意味ではやっぱり日本人に是非見てもらいたいですね。

 

天野 今回は和をテーマに「AURUM=金」というイメージでやりましたが、割と皆さんが知っているキャラクターを使った作品なんかもありますからね。敷居は低い(笑)

 

ギャラリーの小さい部屋の方は、あえてキャラクターで遊んでポップな感じにしてみたんです。

 

ボッティチェリ の「ヴィーナスの誕生」の絵を自分の中にあったポップアートの影響を出しつつ、かつて自分が作ったキャラクターを使ってやってみるということをやってみたんです。

virtual sex online world of warcraft

 

あえてそれを今やるというのは自分の中で意味があるのかなぁと思うんです。

 

ーー 僕は三十代半ばなんですが、天野さんのキャラクターはちょうど僕らが子供の頃に親しんだキャラクターですから、今回このような形で出会えたことにとても感動しています。

 

天野 そういってもらえると嬉しいですね。やっぱり作品は生で見てもらうのが一番だと思うんですよ。
最近、絵を描いていて思うのが、自分の人生なんて手の届く範囲、半径1メートル先がよければいいと思うんです。アーティストにとってこのスペースが確保されるのが重要なんじゃないかなぁ。

 

だからこの絵を見てくれるというのは、僕と同じスペースを共有してもらえるのと同じだと思うんですよ。
印刷ではできないような空間の共有ができると思います。

 

何を作るにしても「創造力」を膨らませることが大事

amano08

 

sex ado chat

ーー 一番好きな画材って何ですか。

 

天野 やっぱり鉛筆が好きですね。
最初に鉛筆でラフを書くんですが、その時にイマジネーションが定まってしまうというか。

buyviagraonline-rxstore

今回の作品の中でもたくさんラフを描いたんですよ。ただその中から一枚に定めなければいけない。最初にイマジネーションを広げてそして定めるというのは鉛筆でやることが多いですね。

 

あとは画材によって変わってきます。
同じ絵でも、

buyviagraonline-rxstore.com

墨で書けば墨の、クレヨンで書けばクレヨンの。テーマによって変わっていきますよね。

 

うーん…全部好き!なのかもしれません。

 

ーー 最後に、ものを作る上で一番大事なことってなんでしょう。

 

天野 創造力ですかね。頭の中にイマジネーションがあるか。
自分が表現したいものがあるかどうかだと思います。

 

それを音楽家がやると歌になり、ダンサーがやると踊りになり、絵描きがやると絵画になる。

 

もともとある原作に影響を受けて自分の中できちんと解釈をして映画を作るんだっていいんです。

 

何をするにしても、創造力を使うことが必要になってくると思いますね。
逆にそれがないと、なんのためにやっているのか見失ってしまう。

 

http://buyviagraonline-rxstore.com/

頭の中のイマジネーションを形にするのが苦しくもあり、楽しいんですよ。

 

とはいえ、無ければ無いで描いているうちに出てくるんですけどね。
白い紙を汚すこと自体が絵というものですから。

 

※参照情報
天野喜孝展「AURUM」
会期:2015/09/02 - 2015/10/03
場所:ミヅマアートギャラリー
入場無料

<第二回 終>