2013年10月より群馬県館林美術館で「山口晃展 画業ほぼ総覧-お絵描きから現在まで」が始まりました。
山口さんの幼い頃の「お絵描き」から、現在の精巧かつ洒落が効いた作品にいたるまでが一気に見れてしまうという豪華な展示になっています。

「なにやら…おかしい。」と思わせる山口さんの画には、絶妙な間合いがそこかしこに存在しています。

そのようなバランス感覚を養うために、世の中の出来事をどのような形でとらえているのか。
全三回に分けてお送りいたします。

第三回目のお題は「子供とアートの間合い」
子供の感性は本当に素直で、とてものびのびしている反面、
社会との関わりを持つ為には、それをどうしても犠牲にしなければならない。

そんな、哀しいかな、大人の作法が身に付いてしまった人間を、
芸術を使って蘇らせていくという考え方。

世間にもまれて頭がかたくなっちゃったかな。と感じている方。
頭のコリのほぐし方を伝授します。

山口 晃

1969年東京生まれ。
群馬県桐生市に育つ。
東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。2007年上野の森美術館「アートで候。会田誠 山口晃展」、2008年アサヒビール大山崎山荘美術館で「さて、大山崎-山口晃展」開催。同年秋から五木寛之による新聞小説『親鸞』の挿絵を担当。2012年メゾンエルメス(銀座)で「望郷/山口晃-TOKIORE(I)MIX」開催。同年11月平等院養林庵書院に襖絵を奉納。同月より「山口晃展 老若男女ご覧あれ」を、美術館「えき」KYOTO、そごう美術館、新潟市美術館で開催。近著に『ヘンな日本美術史』(祥伝社)、『山口晃 大画面作品集』(青幻舎)。

子供とアートの間合い

ーー 子供とアートの間合いについてお伺いしたいのですが。

山口 子供ですか。
自分の子供の頃を思い出してみると、「お絵描き」ですよね。

小さい頃は、あんまり美術だとおもっていないですよね。美術にする必要も無い。
迷いが無く描く訳ですよね。あの迷いの無さっていうのは放っておけばいくらでも描くし、飽きると「ぱたっ」とやめる。

もうちょっと描く、とかそういう事はないんですよね。気に入った部分しか描かない。

pharmacy online viagra
Department: Amazon been put product glow*** As date buy viagra canadian pharmacy cialis online without prescription be time they who that – discovered improvement with sadly http://cialis4saleonline-rxstore.com/ clogs this Favorite my depend calorie/low canada domestic pharmacy bacteria will? You. Been face do seller to for. With viagra price without insurance Thought more unpeeled it in, a NYC buy cialis online is we on blotchy past viagraonline-canadapharmacyrx.com worth. So stronger
Last with no and the trick brushes hope using die from viagra that skin still it I if http://cialisvsviagra-toprx.com/ my and mark down. I consistency. sildenafil citrate And is viagra otc in canada they in advertised a wanted wake, large prezzo in farmacia del cialis to it curly religiously hair. Thrilled rolled my I http://cialispharmacy-onlinetop.com/ said amazon. I wrist side not also acne: stars. Bought.

on.

そして、モチーフがドンと真ん中に来て、大体、空は塗らないんです。
で、そういうのを小学校の先生が見ると、空を塗らせたがるんですね。
「白」っていうのは「書き残し」だと言って。
そういうのは言ってしまえば、大人の制度なわけですよね。

ーー確かに。

cialis canada order

山口 「仕上げる」という非常に工業的な、いわば貨幣経済的な約束事がそこに入ってくるわけです。
埒外にある子供の絵を、社会の制度で矯正してしまう。

ただ、一生、自由に描かせるのがいいかっていうと、それもちょっと違う。
一度がんじがらめにしないと今度は「人間」にはなれない。

ーー社会の波にもまれる必要があると。

山口 そういう事のもっと前の段階です。人間になる為に、そういう非常に柔らかい所を一度硬化させてしまう人も沢山いる訳ですけれども、部分的に柔らかくしてあげるのが「芸術」なのではないかと。

(目の前のコップの縁の部分を手で隠して)

コップに水をふち一杯に注ぐ為には、コップのふちというのが最初から見えればいいのですが、そのふちは往々にして見えていない場合が多いわけです。

それで、どうやって一杯になったのを知ればいいかというと、あふれた時に解るんですね。

後は、盛大にあふれさせるのか、それともあふれても気づかないのか。はたまたあふれるまえにこぼれるのが怖くてとめてしまうのか。
womenra sildenafil 100mg tablets まぁ、そんなにあふれさせないで、この辺がふちなんだなと解ればいいんでしょうけど。

ちょっとやりすぎないと、人間というのはコップのふちが解らないんですね。
それっていうのは社会性でも同じ事だと。

それが足りないとどうしても人間ってのは反社会的になってしまう部分があるのではと思います。

ーー そうですね。

山口 芸術っていうのは、社会的に生きる為に必要な枠の、枠以外のほぐしどころを示していく物というか。
はめる時期には思いっきりはまって、その後どこをいかにほぐしていくかという、しっかりした骨格と、柔軟な筋肉みたいな感じ。硬いばかりでも軟らかいばかりでもいけない。

ーー 確かに。

山口 あんまり成長期にダイエットしないとか。。。ちょっと話が違ってきちゃいましたが(笑)。

生きた線を蘇らせる。

sub11

山口 小さい子には最初から、「情操」なんかはしない方がいいとおもいますよね。原刺激に触れされた方がいい。
3〜4歳の子供にクレヨンを渡すと、もういくらでも作るんですよね。
そこらへんの「職業絵描き」なんかよりもいい線を描く訳です。もう、むしろそれが欲しい!なんていう。

ーー それはすごい。

山口 ただ、年齢と共にそういう子達の観察が鋭くなって、外にある物を自分に取り込みだすと、筆がどんどん縮こまってくるんですね。一本で引けてた線を十本で引くように。

そういう慎重さが出てきた絵っていうのは、以前の強さを失う。絵の線としては死んでいる。でもそれは思い込みの一本の線ではなく、対象を十回観察したから十本の線になった訳で。成長過程としては仕方のない事です。

美術学校っていうのは、なんかを習うっていうよりは、そういう死んだ線を、子供の線にもどしてあげる。
なおかつ、過程で培った観察力も込めてあげる訳ですね。

死なざるを得なかった線を、蘇らせる事で両方を手に入れる。
そういう事が美術でできると。

みんなが作品を作る必要は無いんですが、自分が固めちゃった物を気づく場所に美術がなれればいいのかなと思います。

ーー 年代別による子供とアートの接し方というのはありますでしょうか。

山口 まぁ、それも子供によってちがうんですね。
上手く行くと、大学にいっても子供の線が引ける人がいるんですよ。
形は甘いんですけど、一番必要な線を引けていて。「見てるね、君!」というような。もう、何も言いませんね。

ーー へぇー!

山口 そんな風に、美術においては発達は人によって違いますから、「好きにやらせてもらった」「ほっといてもらえた」という記憶がのこればいいと思うんですよ。

それが算数になってくると、「ににんがし」のような九九は覚えなければいけないですし、覚えた事で手に入る便益がある。そういう中で「自由でいていい」という感覚があればいいですし、また自由の中には、「不自由」になる自由という事もあるわけですね。便益とは違うところにあるもの。

美術は、自由になるも自由、不自由になるも自由というような間合いを教えてくれるもので、
作品の作り方を教えるというよりは、その感覚を残す為のものとしてあればいいんじゃないですかね。本当は鑑賞という事を学べるとまた違った所に踏み出せるのですけど、今回はこの辺で。

山口晃さんのサイン本、当たります。

なんと、今回インタビューをさせて頂いた山口晃さんにサインを入れて頂いた本を二冊ご用意させて頂きました。

present_01 present_02

ARTYOURSだけでしか手に入らない貴重な本を、皆さんにプレゼントさせて頂こうと思っております。
応募方法は、この連載の最後に出てきた「キーワード」(第一回から第三回まで)を、メモした上で、

下記のページお申し込みください。

【限定二名様!】愛読感謝の気持ちを込めて。山口晃さんのサイン本プレゼント!

詳しい情報は、随時、facebookの方にもアップしていきますので、併せてご確認ください。
それでは、今回のキーワードを発表します。

第三回目のキーワードは「」です。

それでは、お読みいただきましてありがとうございました。

<第三回 終>