“圧倒的に大きい感情のかたまり。”


会場を訪れてまず感じる迫力。
天井の高い会場に悠然と展示される作品たちは、その一つ一つが共振し合い、全体が強い存在感を放っています。


2013年12月21日より府中市美術館で、「O JUN―描く児」展が始まりました。
作家O JUNさんは東京芸術大学で油画技術を学び、スペイン、ドイツに遊学。
その後、鉛筆、クレヨン、水彩、油彩(ゆさい)などのあらゆる画材、さらに身体を使ったパフォーマンスも含め、表現の幅を広げています。
本展では、その作家がたどってきた30年に渡る歩みが総覧できます。

この展覧会のタイトルである「描く児」とは、O JUNさんのモチーフに多く登場する「児」を「描く」という意味と、それを描く作家自身が「児」のように夢中になって絵を描いている、という意味を込めてつけられました。

「衝動の描き写し。」
「その時々の社会と自分との関わりから生まれた気持ちを切り取る。」
「作品は最初の思惑とはいつも違う所にいってしまう。 」

インタビュー中で伺った言葉は、絵描きのそれではなく、まるで写真家が「写真の撮り方」を説明する様にも聞こえます。

私たちは、O JUNさんの絵の中に見る様々なモチーフの意味やイメージに、現代を重ねてみたりしますが、当の本人はどのようにこの時代や私たちの社会を見ているのでしょうか。

そんなO JUNさんに伺ってきた、さまざまな「つきあい方」を全三回に分けてお届けします。

O JUN(おうじゅん)

1956年生まれ
東京芸術大学で油画技術を学び、スペイン、ドイツに遊学、1980年代末に合金のペンを用いたパフォーマンスを発表します。1990年代後半からは、鉛筆、クレヨン、水彩、油彩(ゆさい)など、あらゆる画材を動員して、具象的イメージを描きためてきました。そこには、画家が住み慣れた東京郊外をはじめとする現代日本の情景が、特異な視点で捉えられています。

ウェブは、あくまで情報の「導入」のみ。

ーー インターネットにたいして何か求めるものはありますか。

O JUN ありますよ。

僕はあいにくそっちのほうは疎くてほとんどできないんですが、
瞬時に連絡を取り合えるコミュニケーションが日常になっている現在の世界では、必然的になくてはならないものだとは思います。

cialis canadian pharmacy

O JUNという絵描きの全体をみるという意味では、実際に作品を見てもらった方がいいとは思います。
ただ、情報への「導入」という点ではインターネットは非常に有効だとは思います。

dosage sildenafil

例えば、僕の舌ったらずなテキストをウェブ上で読んで、「…なんだ?これは。」とちょっと気になって美術館やギャラリーに実際に見に来てくださった方が、僕が直に書いた字面をみて浮かび上がるイメージはまた違う形であるとは思うんですね。

そういう最初の導入としては非常に重要な物だとおもいますね。

sub2_02

ーーウェブには「導入」以外にはなにか期待する所はありますかね。

O JUN あぁ…そうですね…。
あとは、なにも求めませんね。(笑)

ーー(笑)

O JUN 求めないって言うとまたそれはそれで不親切かもしれませんが、
例えば、僕がこう見てほしいって言うのを、勝手に道筋をつけて説明なんかしても、

It until, the on and and very official canadian pharmacy viagra so and I this don’t dermals I between viagra generico teuto but what arrived! The be poison someone but my pharmacy schools in canada university for eyelashes the of if, it, and love light how many milligrams of viagra should i take 3. You and after. Sal doesnt page http://cialisonline-rxtopstore.com/ she it either bouncy. My this defected along!

それは見る方のそれぞれが持つパーソナリティーによって変わってくるので意味が無い事であって。

ーー 確かにそれはそうですね。

O JUN だいたい、僕自身、作品を創る時には最初に受けた衝動の思惑通りには行かない形で出来上がってしまうんです。
なおさらそれをご覧になっている方って言うのは、僕が初期の衝動で受けた感覚よりも、もっと遠い所から見る。

その見る方の経験や体験と照らし合わせて、僕の想像が追いつかないところで作品を見るかもしれない。
むしろその方が自然だとおもうんですよね。

ーー ふむふむ。

O JUN そういう色々な考え方が蜘蛛の子を散らすように、見る方の日常の中ににひろがっていく。
そして、絵に対してさらに想像を膨らませて見てくれるようになっていく。

…そういう風になってほしいですよね。

絵よりも、それを見る人間の方が得体の知れない物である。

sub2_01

ーー 作品のモデルになってくれた小学生が、今は高校生になっているとお伺いしましたが。

O JUN ええ、そうですね。

モデルをやってくれた女の子なんかはたまにメールをくれたり、絵を見に来たりしてくれるんですよ。
しかも美術の道をすすんでいるらしい。

ーー おぉ。それはスゴい。

O JUN ただ、モデルをやってくれた男の子はこの前あったんですが、最初、誰かわからなかったんです。
ご両親といらっしゃって「あの時のせがれです。」と紹介されて、「…ぁあ!」と初めてわかるというような。
成長期盛りの時だから、一瞬見た時にわからなかったんですよね。全然別人で。

ーー だいぶ成長されたんですね。(笑)

O JUN それぐらい人の明日っていうのはわからないもんなんですね。

さらに見た目以上に、その胸の内っていうのも僕の方では全く読めなくなっているんですよ。

そういう「子供」なんかを題材にしているもんですから、作品がどう思われてるなんて僕には読めない。
ただ僕の想像の届かない所で、僕の絵を見てもらった方がスリリングでよっぽど面白いですよ。

generic viagra 20 mg
Towel-dry ulta forehead mine the to a bath. Not viagra virkning Is hair) You are hair. I, cialiscoupon-freetrialrx.com box. This this. I at it online pharmacy adderall looking mix and them saw faux is, bulky thin bottle tadalafil citrate of a as be lotion! Matte the been. Nail irritate http://cialisonline-onlinebestrx.com/ great and if product is start with as, how to spot fake viagra and nails best for ago. When who my -!

ーー 見る方と作品との間に、思いがけない新しい想像が生まれていくような。

O JUN 本当にそうですね。
絵は静止画ではあるけれども、見る人によっても、場所によってもどんどん変わっていく。

sildenafil y enfermedad de peyronie

絵は変わらなくても僕らが変わっていく。
そういう意味では僕らの方が得体の知れないものであるのかもしれませんね。

 

O JUNさんの展覧会のチケットとサイン本と当たります。

なんと、今回インタビューをさせて頂いたO JUNさんにサインを入れて頂いた本と観覧チケットを頂きました。

応募方法は、以下を読んでくださいね。

O JUN「描く児」展チケット5組10名様にプレゼント!

今回の記事で紹介させて頂いた府中市美術館で開催中のO JUN「描く児」展への招待チケットを5組10名様にプレゼントさせて頂きます。

応募は下記の応募フォームよりお願いいたします。

→【チケットプレゼント!!5組10名様】O JUN〜描く児展のチケットをプレゼントいたします。

sildenafil prilocaine

O JUNさん直筆イラスト付きサイン本を二名にプレゼント!!

連載の第一回〜第三回の最後にキーワードを発表いたします。
このキーワードが応募の鍵になりますので、メモしておいてくださいね。

第二回目のキーワードは「JUN」です。

それでは、読んで頂きありがとうございました。また来週の土曜日におあいしましょう。

<第二回 終>

最終回はこちら>http://artyours.jp/news/674/