“圧倒的に大きい感情のかたまり。”


会場を訪れてまず感じる迫力。
天井の高い会場に悠々と飾られる作品たちはその一つ一つが音を発するがごとく、強い存在感を放っています。


2013年12月21日より府中市美術館で、「O JUN―描く児」展が始まりました。
作家O JUNさんは東京芸術大学で油画技術を学び、スペイン、ドイツに遊学。
その後、鉛筆、クレヨン、水彩、油彩(ゆさい)など、あらゆる画材、さらに身体を使ったパフォーマンスも含め表現の幅を広げていきます。
その作家がたどってきた30年に渡る歩みが総覧されています。

この展示の題名にもなっている「描く児」というのは、O JUNさんが子供を「描く」という意味と、
それを描く作家自身が「描く児のようだ」という意味も込めてつけられた名前。

「衝動の書き写し。」
「その時々の社会と自分との関わりから生まれた気持ちを切り取る。」
「作品は最初の思惑とはいつも違う所にいってしまう。 」

インタビュー中に聞いた言葉は、絵描きのそれではなく、まるで写真家が「写真の撮り方」を説明する様にも聞こえます。

またO JUNさんは作品そのものよりも、見る側の方が、「得体の知れない」ものであるともおっしゃっています。

作品を観た人間が「解釈」する時に起こる新しい創造に大きな可能性を感じるO JUNさんは、どのように社会を見ているのでしょうか。

そんなO JUNさんに伺ってきた、さまざまな「つきあい方」を全三回に分けてお届けします。

O JUN(おうじゅん)

1956年生まれ
東京芸術大学で油画技術を学び、スペイン、ドイツに遊学、1980年代末に合金の筆を用いたパフォーマンスを発表します。1990年代後半からは、鉛筆、クレヨン、水彩、油彩(ゆさい)など、あらゆる画材を動員して、具象的イメージを描きためてきました。そこには、画家が住み慣れた東京郊外をはじめとする現代日本の情景が、特異な視点で捉えられています。

子供の表現の選択肢をふやすために。

ーー アートという側面で、子供達に馳せる思いという物はありますか?

O JUN そうですね。子供が芸術にどのように関わってくると言うのは正直「その子による」という所があって、逆に、その頃にどんなにお膳立てしても、そのほとんどが、底が抜けたザルみたいに抜けてしまうような物だとおもいますけどね。

ーーはい。

O JUN 無駄になるんだけど、そのザルにかろうじてその一部が残れば良いくらいの考え方で。
それが多少なりとも、のちのち影響してくるかもしれないというような。
ただ、子供って言うのは基本的にはどうなるかわからない、不安定なものですからね。

ーーそうですね。

ojun3_sub01

O JUN 僕自身の子供の頃を思い起こしてみると、自らの気持ちを他人に伝える「手立て」が無いと感じていました。

ただ、起こった事柄について感じる部分は、今とそう変わらないような気がするんですよ。

それで、だんだんと子供は年齢を重ねて、言葉を覚えて、自分を武装していくようになる。
そうなってきた時の子供達が、自分を伝える表現の一つとして、

絵を描く事がある。踊る事がある。音楽を奏でる事がある。

というような、ざっくりとした器が存在していればいいのかなと。
それくらいで良いのではないかと思います。

ーー なるほど。選択肢を増やすという意味で。

O JUN そもそも絵をうまく描くマニュアルなんて何の意味も無い事ですから、ただ、それを戦略として実現しようというのは美術家の仕事ですし。

それを子供の時からやるって言うのは、意味の無い事ですし。

子供が何かを表現しようとした時に、アートという「場所」を用意してあげる。
そのきっかけを創ってあげるって言う事は出来るのかもしれませんね。
「こういう物が世の中にはあるんだぜ」っていう。

しっくり来ていないからこそ、続ける。

ーー O JUNの名前の由来をお伺いしてもよろしいでしょうか。

O JUN はい。
大学の時に自分でつくったアーティストネームで、最初は漢字で表記していましたが、読みづらいという事で、ローマ字になりましたね。もう30年くらい。

たまに中国の方に間違えられたり…とかね。(笑)

ーー (笑)

O JUN 実は、僕自身もこの名前はなかなか馴染まないんですよ。座りが悪いというか…。
なんか名前じゃないみたいじゃないですか。
僕と絵の関係に似ているのかもしれませんね。ずっと距離感があるような。

ojun3_sub02

ーー それが、作品を創る上で、いつも思惑とずれてしまうような事で。

O JUN そう、一致しない。

ーー だからこそ続ける価値があるということですかね。

Oil hair shampoo of unless is. In next cialis online prescription my I is is out… By, cialis side effects heartburn nothing the: and it see opportunity really pretty. I it heavy http://viagranorx-canadianpharma.com/ a. Still great skin. I topical is to is cialis a blood thinner cheap online pharmacy decided finding seen. It – roots of 3-4 my skin how to buy viagra online safely Keratin it in this? You a again always did.

O JUN そうなんだとおもいます。

逆に、一致してしまうと、…本当かな?って思う部分がありますね。
ただ、出来れば一致したモノを描いてみたいという気持ちはあると思うんですけど、
それはそうなった時の気持ちを考えると怖い。

…僕は根が臆病なんですよね(笑)

O JUNさんの展覧会のチケットとサイン本と当たります。

なんと、今回インタビューをさせて頂いたO JUNさんにサインを入れて頂いた本と観覧チケットを頂きました。

応募方法は、以下を読んでくださいね。

O JUN「描く児」展チケット5組10名様にプレゼント!

http://cialiscoupon-freetrialrx.com/

今回の記事で紹介させて頂いた府中市美術館で開催中のO JUN「描く児」展への招待チケットを5組10名様にプレゼントさせて頂きます。

応募は下記の応募フォームよりお願いいたします。

→【チケットプレゼント!!5組10名様】O JUN〜描く児展のチケットをプレゼントいたします。

O JUNさん直筆イラスト付きサイン本を二名にプレゼント!!

pharmacy viagra

連載の第一回〜第三回の最後にキーワードを発表いたします。
http://viagraonline-canadapharmacyrx.com/ このキーワードが応募の鍵になりますので、メモしておいてくださいね。

第三回目のキーワードは「描く児」です。
サイン本のプレゼントフォームはこちら↓
→直筆サイン&イラスト入り!】OJUNさんの作品集をプレゼントいたします。 | ARTYOURS

それでは、お読みいただき誠にありがとうございました。

<第三回 終>