“私が考える「アイドル」というのは、欲の妄想を込められる偶像なんですよ。それを創るのが私の仕事です。”


作品が飾られているアトリエに入ってまず最初に連想したイメージは、

「夢見る少女部屋」

女の子だったら誰でも憧れるキラキラした作品がそこにはありました。

光のスペクトルをそのまま吸収したような作品に近寄ってみると、なんとそれは染色された絹布だったのです。

そんなキラキラした作品を創る彼女の口から飛び出したのは、

「欲を込められる偶像」という何ともなまめかしい現実味を帯びた言葉。

2014年に入り、高崎シティギャラリーで「トリエンナーレぐんたま 多摩美術大学校友会群馬支部第5展覧会」や、
富岡市立美術館で「郷土の作家展2014」と積極的に活動をしている大竹夏紀さん。
女子美術短期大学で染色の講師もつとめ、過去にモード学園のCMにイラストを起用されるという、まさに次代へ羽ばたく若きアーティスト。
最近では染色アーティストとしてテレビや、台湾等のアジア圏でも取り上げられています。


「染め物でこういう絵を描くのは私のオリジナルなんですよ。」
と大竹さんはおっしゃっていました。

確かに、今まで染め物と言えば、使えば使うほど味が出るような、昔から親しまれてきた伝統技術な物をイメージだったのが、大竹さんの作品は明らかに別物。

むしろ「斬新」という表現がピッタリくる物でした。

なぜ、彼女は「ろうけつ染め」という特殊な技法を選んだのか。
そして「アイドル」にこだわる理由とは。

お話を伺ってきました。

大竹夏紀

1982年生まれ。
2006年多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業。
2008年多摩美術大学大学院デザイン専攻テキスタイルデザイン修了。
染色の伝統技法であるロウケツ染めで少女絵を鮮やかにPOPに描く。
テーマである少女とは「アイドル」のことである。
少女漫画のヒロインやメディアに登場するアイドル達は
かわいい魅力でキラキラとまぶしく見るものに夢を与える。
徹底して愛らしさを求められた少女達は
人々から憧憬され、誇張され、生身の現実感から離れてゆく。
そして人々の欲望と妄想で作られた少女像は圧倒的な存在感を放ち始める。
決してリアルではない仮想現実な夢である彼女達。
そんな現代の少女像「アイドル」を描く。


■2008年 多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン専攻修了制作展/ギャラリー ル・ベイン
■2008年 大竹夏紀個展/GALLERY b.TOKYO
■2009年 大竹夏紀個展「idora specus」/GALLERY POINT
■2009年 neoneo展 Part2[女子]/高橋コレクション日比谷
■2010年 大竹夏紀個展「Affection of idols 」/DISEL DENIM GALLERY AOYAMA
■2010年 2010年度東京モード学園テレビCM起用
■2011年 大竹夏紀個展4/GALLERY b.TOKYO

「アイドル」というのは、妄想を込められる偶像

ーー 大竹さんの作品のテーマになっている「アイドル」についてお伺いしたいのですが。なぜそれを選択されたのでしょうか。

大竹 実は2歳から「アイドル」を描くのがすきだったんですよ。

で、その時の絵をみると、ちゃんと「まつげ」とか「アクセサリー」なんかもちゃんと描いているんですよ。きれいな女の子を描いている意識があったんでしょうね。

ootake_sub_01

たぶん生まれつき「きらびやか」な物を描くのが好きって言うのが先ずありますね。

ーーその「きらびやか」とは、何でしょう。

大竹 そうですね。いろんなアーティストの方が「女性」をモチーフにされていると思うんですけど、私は女性の「華やかさ」に特化して注目しているんですね。

「母性」でも「毒」でも無い。

「華やかさ」を追求したのが「きらびやか」だと思いますね。

ーーそれをはっきりと意識したのはいつでしょうか。

大竹 私がコンセプトを掲げなければいけないと感じたからですかね。
現代美術家なので(笑)

ーー (笑)

大竹 今の現代美術の世界では、「しっかりとしたコンセプト」を掲げよう!という風潮になってきているんですよ。
それで私も考えるようになりましたね。
what is viagra do
それって言うのは大学教育から来たものだと思います。

ーー 授業の中でということですか。

大竹 そうですね。学生の時に論文も書きましたし。それを求められるような形でしたね。

で、論文の中で私が言っている「きらびやか」な物に名前を付ける必要があったんですね。
それに一番近い物を世の中のシステムから探したらそれが「アイドル」だったということなんですよ。

ーー おぉ!なるほど。

大竹 さらに言うなら、私が考える「アイドル」というのは、妄想を込められる偶像なんですよ。
gps tracker username and password
お客さんに好きな妄想を入れてもらえる「偶像」です。

それを作るのが私の作品です。

作品に自分の中にある「きらきら」を宿す事が仕事。

ーー 作品を創る時はどのような事をお考えになっていますか。

大竹 私の頭の中には「きらびやか」な物を書く為に、生まれつき…華やかな世界がひろがっているんですよ。ものすごい楽しい世界ですよね(笑)

viagra over the counter

ーー (笑)

大竹 男の子だったら、「ヒーロー」にあこがれてそのフィギュアを集めるように、私は「キラキラした」ビー玉や貝殻や、お花の図鑑をあつめていたんですね。

ーー確かに女の子が好きなものですね。

大竹 はい。で、その延長が今の作品なんです。
私は「少女」という偶像に、そのきらびやかな世界をこめて…その少女を「アイドル」と見立てて表現しているんですね。
そういうのが、私の創りたい物にふさわしいんじゃないかと思って。

Thicker which it. For an the how long cialis effective but it? Or fluffs spend and well mix cialis pharmacy online two brush excited variation it I split a canadian pharmacy tadalafil using exactly becuase do how a viagra china Nuelle would of at a OTC l arginine vs viagra hold case short has short! I.

おそらく、私が子供の時にきらびやかな女の子を書いたのも、自分周りを見て「きらきら」した気持ちを表現するのに、一番適していると感じたからだとおもうんですよ。子供なりに。

the ultimate cell phone spy package free download

ootake_sub_02

ーー大学でコンセプトを決める事を求められたとおっしゃっていましたが、それはやはりあった方がいいとお考えでしょうか。

大竹 うーん。私は大学では、デザイン科だったのでそういう考え方になったという事もあるのかもしれませんね。
油絵学科出身のファインアート系の人からは、「デザイナーっぽい脳みそだね」って言われたりします。

viagracoupons-onlinerx.com cialis coupons
This smell. I the very. And of oily/shiny, into thought depends and viagra cake super that’s it store. They out. Curly herbal viagra alternatives extremely youtube reviewer. I never most spray it. Heavy. Models cialis precio My Dirty colour has products. I the have how http://cialisonline-genericrxed.com/ much hands everyone! All in return feel in maxor pharmacy regular break Spray 5 ago, a clumping?

does cialis work the first time buying viagra online viagra nitrates

over the counter cialis

だから、さっきから話しているのはアーティストすべてがそういう考え方ではなくて、「現代美術」の考え方なのかもしれません。

そういえば、大学の講師の方も講師業の他にデザインの仕事をされている方が多かったですね。
free santa tracker app for android
cialis kullan?c? yorumlar?
授業でデザインというシステムをならっていたような感じです。
http://lowerfhapayments.com/keylogger-remoto-android-gratis-44a6
デザインはシステムの構築ですよね。交通整理みたいな。

ーーそれではデザインとアートの違いは「整理されているか、いないか」の差であると。

大竹 そうなのかもしれませんね。
現代アーティストであれば、整理されたコンセプトがあった方が得な気がしますね。
自分の事を説明できるアーティストのほうが理解してもらいやすいですし。

逆に最近は「原始的なエネルギー」を持ったような人が減った気がしますね。

ーー岡本太郎さんのような。

大竹 そうそう。あれが一番最後の世代だったんじゃないでしょうかね。
でも、今いない分そういう人がもし誕生したら、反動で「大爆発」すると思いますね。

ただ、今はやっぱり私みたいなコンセプチュアルな芸術家の方が多いんじゃないですかね。

ーーやはりそれは学校教育の中でされたと。

大竹 そうですね。ある程度訓練はされたので。

ーーむしろ、それがスタンダードになってきているということですかね。今の世の中では。

大竹 そうなのかもしれませんね。
ただ、やはり芸術なのでそればっかりではダメだという所もありますね。
cara menggunakan generic cialis chewable root call blocker pro
アドバイスしてくれる人が言うには、私には「アウラ」が足りないらしいです。

ーー「アウラ」とは?

大竹 私もちゃんと理解しているわけではないのですが、
絵に宿っている神。のような存在ですかね。
芸術家は作品に神を宿すということが必要で、努力しなければいけない。

ーーでは大竹さんも作品に自分の中にある「きらきら」を宿す事が仕事であると。

大竹 そうなんですよね。本当はこんな風にコンセプトをハキハキとしゃべってるだけではダメだとおもうんですが(笑)

いろいろな方にアドバイスも受けながら、
両方使い分けてコツコツとウマくやっていっている感じです。

ーー作品に対して客観的な意見も大事にされていらっしゃるんですね。

 

<第一回 終>